お知らせ

2014.06.13

見えないところをきっちりと

こんにちは音譜

 

設計の中村ですニコニコ

デザインだけでなく、性能にもひかれて弊社をお選びただく方が

 

多いのではないかと思います。

そんな中でも空間としての変化をつくりだし、

 

天井も高くなりより開放的な空間を作り出すことのできる

 

床下げの作り方についてお話をしようと思います。

 

なかなか床下の様子は見れないと思うので関心を持たれた方は

 

モデルハウスまでお越しいただきぜひスタッフにご質問ください。

 

床下には断熱材をしっかり敷き詰め、基礎の立ち上がり部にまで断熱を張ります。

 

外気に接しやすい部分のため隙間なく施工していたます。

床を下げても性能はしっかり維持できています。

また、床を支える束(白色のものです)も細かく入れているため頑丈な床が仕上がります。

見えないところをしっかりやることによりより良い状態で長くお使いいただけるのではないかと思います。

 

建物にはこのように隠れてしまう部分がたくさんあります。そんな部分をお見せできればと思います音譜

ではまた次の機会にパー

スタッフブログ記事一覧へ
  • アクティエスタッフ

  • 以前のブログ(ameba)