COLUMNS
コラム
失敗しない! 賢い住宅ローンの借り方

家を購入する際、多くの人が利用することになる住宅ローン。憧れのマイホームの夢をグッと引き寄せてくれる魅力的な融資ですが、中には支払いが滞って破綻してしまう人も。そうならないための、賢い住宅ローンの借り方とは? 早速チェックしていきましょう。

 

■返済プランを考える

住宅ローンを利用する多くの人は「35年間」という最長返済期間を選択します。そのため、初めて銀行などの金融機関に出向いた際は、こちらから何も言わなくても35年間で見積もりを作成されることが多いです。

これは、返済期間が長くなるほど月々の支払いが少なくなり、見た目上の負担が減るため。もちろん、毎月の「返しやすさ」という点ではメリットのある方法です。

 

ただ、なにも「住宅ローンは最長期間で借りなければならない」という決まりがあるわけではありません。借りる期間が長くなるほど、金利分の負担が増えて支払総額が増えるというデメリットもあります。

 

また、人生は山あり谷ありで、いつも同じような暮らしができるとは限りません。病気で働けなくなるケースだってあります。長期にわたる返済中にそのようなことが起き、返済が滞るリスクを減らすためには、「より短く返すこと」を意識しておくべきです。

特に、30歳以上の人は完済時の年齢に注意しておきたいところ。例えば35歳の人が35年間のローンを組むと、完済時には70歳になってしまいます。年金収入だけで住宅ローンを支払い続けるのは大変な負担。

 

ローンは、遅くても定年までには完済できるようなスケジュールで借りておくとベスト。60歳定年の人が35歳で住宅ローンを組むなら25年間まで、といった計算の仕方です。

毎月の支払額の決め方ですが、以前は「年収の〇%以内」というようなことが言われていましたが、実際には各家庭の生活様式によって家計も様々ですので、一概には言えないというのが最近の考え方。

ひとつの基準になるのが、現在住んでいる賃貸物件の家賃(共益費や駐車場代を含む)。これをそのまま月々のローン支払い額と考えるのではなく、それよりも少なめに見積もっておきましょう。住宅を購入すると維持費や固定資産税なども余分にかかってくるからです。

 

■20代はローンに有利

30代以降であれば、前述したとおり、定年までの期間を考慮しつつ、短めに借りることを意識するのがポイントです。では、20代はどうでしょう。

一般的な20代といえば、まだまだ会社などでの地位が確立されていないことも多く、そんな状況で住宅を購入するのは不安が残るかもしれません。

 

ただし、融資・返済という観点から見ると、20代で住宅ローンを組むのは大きなメリットのあることです。

定年までの期間にも余裕がありますので、長期間のローンを組んでも無理がありません。毎月の支払いも減りますので、30代と比べて給与が少なくても負担が増えにくいと考えられます。

「家を買うなら若いうち」とはよく言ったもの。現代では住宅ローンの観点から、20代のマイホーム購入は「あり」と判断できます。子育てや転職など、将来設計のことは十分考慮しておきましょう。

 

■余裕があれば繰り上げ返済を!

30代以上の人が定年を超えるような長期の住宅ローンを組んだ場合、考えておきたいのが「繰り上げ返済」です。

特に、利息分の差額を計算すると、早いうちに繰り上げ返済を行うほど有利です。住宅ローンを組んで家を手に入れたことで安心せず、臨時収入があった場合には積極的に繰り上げ返済を利用すると結果的に返済額が少なくて済みます。

繰り上げ返済について注意したいのは、金融機関によって受け入れ態勢が異なること。手数料や、最低金額、実行時期や手続き方法など、利便性の高い銀行とそうでないところがあります。

繰り上げ返済の方式に限らず、各金融機関によって金利や保障、初期費用など、様々な特徴があります。比較の際に真っ先に見られるのは金利ですが、それ以外のところに関しても目を向けて、じっくり比較検討して決めるようにしましょう。

 

■まとめ

ここまで、ローンの期間や年齢、繰り上げ返済のことなどについて説明してきましたが、住宅ローンで失敗しないために一番重要なのは「借り過ぎない」こと。

 

マイホーム選びでは、いろいろな物件を比較できますので、ついつい高額で見栄えの良い住宅に目が行ってしまい、物件価格から住宅ローンの融資額を決定してしまうことがあります。

多少無理をしていても「何とかなるだろう」と考えて住宅を購入してしまい、結果的にローンが返済できなくなったというケースは少なくなりません。

物件探しをする前に、「毎月いくらなら無理なく返せるのか」というシミュレーションをして、その金額に年数をかけておおよその借入額を導き出すというのが、住宅ローンで失敗しないコツです。

 

 

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号