COLUMNS
コラム
戸建てのルーフバルコニー建築実例【愛知県】|メリットとデメリット 
おしゃれなルーフバルコニー

大きな土地の確保が難しい住宅街でも、解放感のあるプライベートスペースを確保できるルーフバルコニーは人気の間取り。花火鑑賞やバーベキューなど楽しみ方や魅力がいっぱいですが、注意すべきポイントもあり知らずに作ると後悔することも。

そこで今回は、一戸建ての新築にルーフバルコニーを設置するメリットとデメリット、対策方法もご紹介します。おすすめの使い方やおしゃれな建築事例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 


目次
■戸建てのルーフバルコニーで理想のライフスタイル
■ルーフバルコニーのメリット
■ルーフバルコニーのおすすめ使い方例
■ルーフバルコニーのデメリットと対策
■戸建てルーフバルコニーの建築実例


 

■戸建てのルーフバルコニーで理想のライフスタイル

屋上から眺める景色

戸建て新築を検討する際、土地の広さと利便性のバランスを考えると広いお庭をつくるのはなかなか難しいもの。市街地ではせっかくお庭を造っても、周りの建物が近いためリラックスできる空間にするのは厳しいですよね。

そんな都市部の住まいづくりでも、理想のプライベート空間をつくれるのがルーフバルコニーの間取り。利便性の高いエリアでも、郊外のお庭のように使える屋上スペースをぜひ検討してみてください。

 

■ルーフバルコニーのメリット

おしゃれなルーフバルコニ

一戸建ての屋上をバルコニーにするのは、一般的なバルコニーとは違うメリットがあります。

 

・眺望が良い

2階建ての一般的なバルコニーよりワンフロア高いルーフバルコニーは、かなり眺望が良くなるのが大きな魅力です。特に同じ高さの住まいが立ち並ぶ住宅街では、周りの家の屋根より高い位置で遠くまで見渡すことができます。立地条件によっては360度ぐるりと見渡せる、自宅展望台になりますよ。二階建ての屋根に登ることはなかなかありませんが、ルーフバルコニーなら毎日素晴らしい眺望を味わえます。

 

・日当たりが良い

周りの家より一段高い位置にあるルーフバルコニーは、遮るものが少なく一日中日当たりが良いのもメリット。洗濯物が早く乾き、布団を干してもたっぷりの太陽光で気持ちよく仕上がります。隣の家との距離が近い都市部では、メリットも大きいといえるでしょう。

 

・用途が多い

1メートル前後の出幅でつくる一般的なバルコニーは、洗濯物を干す役割がメインで、ほかの使い方をすることはほとんどありません。2階の屋根部分を使ってある程度広く造れるルーフバルコニーは、物干しだけでなくさまざま使い方ができるのも魅力。詳しくは次の項目でご紹介しますが、趣味や体づくり、くつろぎスペースなどさまざまなライフスタイルに対応できます。広いお庭が確保できない住まいでも、快適なアウトドア空間を設けることができます。

 

・土地の購入費用を抑えられる

お庭の代わりとして使えるルーフバルコニーがあれば、小さな土地も検討範囲に入ってきます。結果的に土地の購入費用を抑えられるため、総額を抑えたり、設備をグレードアップしたりできるのは大きなメリット。特に土地の高い市街地ではメリットも大きいため、ぜひ検討してみてください。

 

■ルーフバルコニーのおすすめ使い方例

日光浴も楽しめるルーフバルコニー

たくさんのメリットがあるルーフバルコニーの間取りは、洗濯物を干すだけでなくたくさんの使い道があります。

 

・ヨガやストレッチなど体づくり

広々としたルーフバルコニーは、太陽の光を浴びながら健康的な体づくりをする場所にピッタリ。周囲からの視線対策をしておけば、プライベートな屋外エリアとして気兼ねなく運動もできます。日本の住宅事情ではお庭だとお隣や通りからの目線が気になりますが、屋上なら問題無し。

最近はヨガやピラティスなどの体づくり系オンラインレッスンもたくさんあるので、住まいづくりを機に本格的に始めてみるのもいいですね。

 

・花火大会を自宅から楽しむ

ご自宅の近くで花火大会があるなら、混雑の無い自宅のルーフバルコニーでゆっくり眺めるのもおすすめです。大きなビルなどの遮るものがなければ、意外と遠くの花火まで楽しめますよ。渋滞や人ごみで疲れることもなく、小さなお子さんが居てもリラックスしながら花火を眺めることができます。友人や親戚を呼んで、花火ビアガーデン気分を楽しむのもおすすめ。

 

・日光浴をしながらくつろぐ

1日中日当たりが良い屋上庭園は、春から秋にかけて日光浴を楽しむこともできます。海やプールに行く前の下地作りで、わざわざ日焼けサロンに行く時間や費用を省けるのも意外なメリット。お庭で日焼するのはご近所の目があってちょっと抵抗がありますが、ルーフバルコニーなら気兼ねなく日焼できますよ。スケジュールや体調の都合でお出かけが難しいときも、自宅の屋上でリゾート気分を楽しめます。

 

・家族や友達を呼んでバーベキュー

大きく作りやすいルーフバルコニーなら、親戚や友人を呼んで大勢でバーベキューも楽しめちゃいます。自然の中で食べるお肉もいいものですが、高い場所でいい景色を眺めながらするバーベキューも楽しそうですね。自宅バーベキューは大きなお庭が無いと難しいですが、ルーフバルコニーなら開催しやすいのもメリット。

 

・夕日を眺めながら一杯

イベント時にみんなでワイワイするのも良いですが、ときにはひとりでゆっくりとお酒などを楽しむのもおすすめです。リビングとは一味違う、優雅な時間をリラックスしながら楽しめるでしょう。一つの独立した空間であるルーフバルコニーは、家族と離れて一人時間を楽しむプライベートスペースにもピッタリです。

 

■ルーフバルコニーのデメリットと対策

ルーフバルコニーのリビング

一般的なバルコニーより広いルーフバルコニーは、注意すべきデメリットもあります。必ず把握して対策し、後悔を防ぎましょう。

 

・定期的な防水工事が必要

平面で雨や紫外線を受けるルーフバルコニーの床面はしっかり防水しないと雨漏れのリスクがあり、定期的なメンテナンスが必要となります。屋根も塗装や防水メンテナンスが必要となりますが、直接歩くルーフバルコニーはメンテナンスサイクルが短くなるケースが多いです。一般的なバルコニーより面積も大きいため、防水工事にかかる費用も当然高くなります。

 

【対策】⇒メンテナンス費用を積み立てる

ルーフバルコニーは一般的なバルコニーよりメンテンス費用が掛かる点を把握し、新築を建てる時点で費用の積み立て計画を立てておきましょう。環境や使い方によっても変わりますが、バルコニーの防水工事は10年前後で行うのが一般的。メンテンス時期に資金繰りで慌てないように、しっかり計画を立てて住まいを長持ちさせましょう。

アクティエはバルコニー防水について、定期点検と保証期間を設けています。建てた後の保守管理もお任せください。

【アクティエの長期保証】

 

・掃除が大変

一般的なバルコニーの床もホコリやゴミが吹き込むため掃除が必要ですが、面積が広いルーフバルコニーだとお掃除の手間も大変です。お掃除を怠ると排水溝が詰まってしまうケースがあり、水が溜まるとカビやコケが生えやすくなります。防水層の劣化も早くなるため、メンテナンスサイクルが短くなってしまうことも。

 

【対策】⇒排水溝の位置や構造に配慮

ルーフバルコニーは勾配を設けて排水ルートを設けますが、汚れやほこりが詰まりにくい配置にすれば対策できます。ホコリを防ぐネットの設置なども対策になります。高圧洗浄機を使えば床面の汚れも簡単に掃除できるため、コンセントと水道を設置しておくと良いでしょう。

 

・目線が気になる

周囲の建物や使い方によっても変わりますが、見晴らしが良い分高い建物からの目線が気になるケースもあります。屋外とはいえプライベート的な過ごし方をすることも多いため、周囲の目線が気になりやすいのは注意ポイント。

 

【対策】⇒目隠しフェンスの設置

ビルやマンションなど高い建物の目線が気になる環境の場合、目隠しフェンスを設置してプライバシーを確保しましょう。アルミのスタイリッシュなものやウッド調のアイテムなど、ただの目隠しではなくおしゃれに仕上げることも可能です。建てたあとにDIYで設置する方も多いですが、遮るものが無い屋上は強風で飛びやすくご近所トラブルになる危険性も。できれば新築時にしっかり計画して、目線が気にならないルーフバルコニーに仕上げましょう。
 

■戸建てルーフバルコニーの建築実例

アクティエが実際にお手伝いしたルーフバルコニーの新築住宅から、おしゃれな事例をピックアップしました。ほかのお写真もチェックいただける詳細ページもぜひチェックしてみてください。

 

花火を楽しめるルーフバルコニー

周囲の建物より頭一つ高いルーフバルコニーは、花火大会が見える開放的な空間になっています。

外観になじむルーフバルコニー

半透明パネルの手すりは、落下防止に加えて周囲からの視線をさえぎる目隠しにもなっています。圧迫感なく、住まい全体のデザインになじんで違和感もありません。

 

【詳細】ダウンリビング・吹き抜けなど、空間やつながりを意識した素敵な住まい

 

プライベートスペースになっているルーフバルコニー

周囲に立ち上がりのあるルーフバルコニーは、目線を感じない完全プライベートスペース。広い面積で夏のプールからゲストを招いてのBBQパーティーなど、さまざまなシーンで活躍します。

 

【詳細】デザインと機能性を両立させた住まい

 

■まとめ:ルーフバルコニーは施工実績のあるハウスメーカーで

プレミアム感のあるお庭として使えるルーフバルコニーは、効率的な土地活用の面でもおすすめの間取り。ただし、構造やメンテナンス、間取り全体とのバランスなどもしっかり考えないといけません。ルーフバルコニ-を検討するなら、必ず施工実績がありプロ目線のアドバイスができる施工店を選びましょう。

アクティエはたくさんの屋上庭園づくりをお手伝いしてきた実績をもとに、自由なプランでライフスタイルにピッタリの間取りをご提案します。デザイン・使い勝手にこだわった住まいづくりならお任せください。

【アクティエのスタッフ紹介】

 

愛知県を中心に、大府・長久手・岡崎に自社モデルハウスもご用意しています。私たちのデザイン・提案力もチェックいただけますので、ぜひお近くにお越しの際はお立ち寄りください。お待ちしております。

【モデルハウス情報】

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号