土地コラム

デザインにもこだわるおしゃれな二世帯住宅|愛知県の間取り実例
二世帯住宅の外観

高齢化が進む日本では二世帯住宅の需要が高まっていますが、親子でデザインや間取りについて意見が分かれるケースも少なくありません。特にデザインについては、意見がまとまらず妥協してしまう方も多いですが、長く暮らす我が家はぜひこだわりたいところ。

今回は暮らしやすさだけでなくデザインまでこだわった、おしゃれな二世帯住宅をご紹介します。二世帯住宅を検討する前に、ぜひ参考にしてください。

 


目次
■二世帯住宅こそデザインにこだわるべき理由
■愛知県のおしゃれな二世帯住宅実例
■二世帯住宅の間取りづくりのポイント
■完全分離の間取りはどう作る?
■快適な二世帯暮らしにおすすめの間取り


 

■二世帯住宅こそデザインにこだわるべき理由

スロープのある二世帯住宅

二世帯住宅づくりでは二つの家族が暮らす快適性・機能性ばかりに注目しがちですが、おしゃれなデザイン性にもこだわるべきです。快適な暮らしは効率の良い間取りや設備だけではなく、お気に入りのデザインがあってこそ。むしろガマンして建てたデザインの家は、毎日眺めているうちにストレスの原因になりかねません。

親世帯・子世帯の2つの家族が暮らすためお互いの希望を満たすのは難しい部分もありますが、妥協せず理想のデザインを追求しましょう。それぞれの居住スペースでデザインを変えることが、精神的なゾーニングにもつながり快適な暮らしにもつながります。「二世帯だからあきらめる」のではなく、積極的に理想の住まいづくりに取り組んでみましょう。

 

■愛知県のおしゃれな二世帯住宅実例

続いて、実際の二世帯住宅の写真を見ながらデザインや間取りをチェックしていきましょう。おしゃれな造りと暮らしやすさの工夫について注目してみてください。

 

事例①

二世帯住宅の玄関

玄関のみ共有する分離タイプの二世帯住宅です。すべてを分けるのではなく、ライフスタイルに応じて共有できる間取りを考えると効率的な家づくりにつながります。1階に親世帯、2階に子世帯が暮らすことで、介護が必要になったときも見据えた造りになっています。

 

二世帯住宅のLDK

限られた床面積の中でLDKを2か所に作っていますが、効率的な間取りの工夫で狭さを感じさせないように仕上げました。

 

小屋裏収納

キッチン奥から上れる小屋裏収納は、デッドスペースを活用して収納を作る間取りのテクニック。床面積を節約した分、居住スペースを広くとることが可能です。

 

【機能美を追求した分離型の2世帯住宅】

 

事例②

二世帯住宅の外観

玄関を2つ設けた完全分離タイプの二世帯住宅で、2つの家族が快適に暮らすためのアイデアをたくさん盛り込んでいます。

 

ひろびろしたウッドデッキ

親世帯が暮らす1Fには大きなウッドデッキを設け、アウトドアリビングとしてくつろげる空間に。

 

解放感のある2Fテラス

2Fの子世帯にも大きなバルコニーを用意し、自然を感じながらくつろげるようになっています。

 

二世帯住宅をつなぐ階段

玄関を分けながら階段でつながる二つの間取りは、必要に応じて行き来できるのも特徴。お互いの生活を確保しながら、適切な距離感で同じ時間を共有できる二世帯住宅に仕上がっています。

 

【充実のライフスタイル。ハイセンス2世帯住宅。】

 

事例③

スタイリッシュな二世帯住宅の外観

キューブデザインを組み合わせたスタイリッシュなモダンデザインは、世代の差があっても受け入れやすいおすすめのデザインです。

 

大きなカウンターキッチン ひろびろしたダイニング

ひろびろした2つのLDKは、間接照明を使った落ち着くテイストとスタイリッシュなモダンテイストを使い分け、お互いの好みを反映しています。

 

小屋裏空間の寝室

片流れ屋根の形を活かしたコンパクトな寝室など、二世帯住宅で不足しがちな床面積を有効活用する間取りの工夫も。

 

二世帯住宅のテラス

解放感とプライバシーを両立した大きな中庭は、二つの世帯のコミュニケーションとゲストを招いてのパーティーにも対応。

 

【ヌーベル・ジャポネの邸宅】

 

■二世帯住宅の間取りづくりのポイント

二世帯住宅のリビング

親子世帯が同時に暮らす二世帯住宅づくりは、一般的な住宅づくりより難易度が高いといえます。取り組み方や間取りを考えるときの基本的なポイントをおさえて、暮らしやすい間取り作りを心がけましょう。

 

・お互いに遠慮せず意見を言う

血のつながった親子ならともかく、義理の親や子同士だと遠慮してなかなか意見が言えないことも少なくありません。しかし、これから数十年一緒に暮らしていくのですから、良い機会と考えてお互いに遠慮せず意見を出し合いましょう。複数の視点から生まれたアイデアや意見を検討して盛り込むことは、良い家づくりにもつながります。たくさんの意見が出せることをアドバンテージととらえ、積極的に活かしていきましょう。

 

・生活時間帯のズレを把握する

二世帯住宅の間取りで問題になりやすいのが、親子世帯の生活時間帯のズレです。例えば親世帯が眠る時間に子世帯が仕事から帰ってくると、音や振動がストレスになってしまうケースがあります。逆に子世帯がまだ寝ている時間に親世帯が活動するという、逆のパターンも少なくありません。

世代の違いによる生活時間帯のズレを把握することは、お互いの快適な暮らしに役立ちます。リビングと寝室の距離感、キッチンやお風呂の個数など、間取の工夫で時間帯のギャップを解消しましょう。

 

・プライベートスペースと共有スペースをハッキリする

親子でもお互いの生活があり、それぞれの時間を過ごすためのプライベートスペースの確保が快適な暮らしにつながります。完全分離タイプなら問題ありませんが、間取りがつながる部分共有タイプならお互いの家族時間を気兼ねなく過ごせるスペースを用意しましょう。

余裕があるなら、お互いのリビングとは別の共有スペースを設けるのもおすすめ。孫とのコミュニケーションや一家団欒など、決まったスペースを設けることでプライベートスペースとの区別ができます。

 

■完全分離の間取りはどう作る?

二世帯住宅の玄関

二世帯住宅では、親子二つの世帯が暮らすゾーンをどのように分けるかという点も重要な要素です。それぞれの間取りの特徴を見てみましょう。

 

・上下分離タイプの特徴

1Fと2Fで生活圏を分ける上下分離タイプの間取りは、1Fを親世帯にして階段の上り下りをなくせるのが大きなメリット。完全分離タイプの場合、玄関を上下階で分けることができるため、訪問者が分かりやすい点も特徴です。ただし上下階で音が伝わりやすいため、生活時間帯のズレがある場合はストレスになるケースも。寝室とリビングが重ならないようにするなど、間取の工夫が必要になります。

 

・左右分離タイプの特徴

住まいを縦に区切り、左右で分けてそれぞれ1Fと2Fを設ける左右分離タイプは、家族の人数に合わせて居住空間の広さを調整しやすい点が特徴です。成長期のお子さんが居る子供世帯を広くするといったバランスを取れるのは大きなメリットといえます。上下分離と比べて、生活音が伝わりにくいため生活時間のズレがあっても暮らしやすいです。

デメリットとしては、階段を2か所設けるため床面積のロスが発生する点が挙げられます。水平方向の距離を取りにくいため、大きなLDKなどの大空間は確保しにくい点にも注意が必要です。

 

・3階建てという選択肢もある

土地の建築制限に問題が無ければ、3階建ての二世帯住宅を建てるのも一つの手段。例えば3階を子世帯、1階を親世帯にして、2階を共有スペースにするといったレイアウトも考えられます。間に1階層挟むことで上下分離の音問題を解決し、広い間取りも作りやすいです。2階建てだけに的を絞らず、ぜひ3階建ても視野に入れて検討しましょう。

 

■快適な二世帯暮らしにおすすめの間取り

二世帯住宅のリビング

二世帯住宅と相性が良く、快適な暮らしにつながる間取りをピックアップしました。

 

・アウトドアリビング

ウッドデッキやテラスなど、屋内空間と切り離せるアウトドアリビングの間取りは二世帯住宅で多目的に活躍してくれます。それぞれの世帯でゆっくり過ごしたり、みんなで集まってお茶や団らんを楽しんだり、程よい距離感を維持することができます。

 

・中二階

それぞれの生活圏を分けることが多い二世帯住宅では、緩やかなつながりを作れる中二階もおすすめの間取りです。1Fと2Fの中間にみんなで集まれるスペースを作れば、ちょうど良いコミュニケーションをとることができるでしょう。

 

■まとめ:おしゃれで快適な二世帯住宅は実績のある会社で

二世帯住宅は考えるべきポイントが多く、実績と設計力のある施工店を選ぶことが大切です。2家族の意見をまとめてしっかり形にすることができる、プロレベルのハウスメーカーや工務店を選んでください。

アクティエはお施主様のご要望を形にする住まいづくりを基本とし、親子皆様のご意見を採り入れた暮らしやすい二世帯住宅をご提案します。機能性・快適性はもちろん、デザインもあきらめずに全員にとって理想の住まいを考えましょう。愛知県内の広いエリアに対応していますので、二世帯住宅をお考えの際はぜひご相談ください。

【アクティエのスタッフ紹介】

 

岡崎・大府・長久手にはデザインや間取りをご体感いただける自社モデルハウスもご用意しています。ぜひ親子皆様でお誘いあわせの上、ご来場ください。

 

【モデルハウス情報】

コラム記事一覧へ