土地コラム

注文住宅の外観にトレンドを入れてはいけない理由|愛知県のおしゃれな写真実例
おしゃれな新築外観

理想のデザインや間取りを実現できる注文住宅ですが、初めての家づくりでは難しい部分も多いですよね。中でも住まいの印象を決める外観デザインは、おしゃれに仕上げられるか心配な方も多いのではないでしょうか。

今回は注文住宅の外観をテーマにして、おしゃれに仕上げるためのテクニックをご紹介します。実際の注文住宅建築実例から、デザインの参考になる写真もピックアップして掲載します。

 


目次
■注文住宅の外観にトレンドを入れてはいけない理由
■愛知県のおしゃれな注文住宅外観実例
■注文住宅の外観をおしゃれに仕上げるテクニック
■注文住宅外観のデザイン種類


 

■注文住宅の外観にトレンドを入れてはいけない理由

シンプルな注文住宅の外観

家電やファッションのように住宅デザインにも流行り廃りがありますが、注文住宅に取り入れるのはあまり良くありません。理由について一つずつ見ていきましょう。

 

・時間が経つと古く見えてしまう

ファッションアイテムや家電はトレンドが移ったら買い替えられますが、数十年暮らすマイホームは手軽に買い替えできません。流行のデザインを取り入れすぎると、長く暮らしたときに古臭く見えてしまいます。

数十年前にできた住宅地を見て回ると、古いと感じるデザインが多いのではないでしょうか。昔のデザイントレンドで建てられた住まいは、建物の劣化に関わらずどうしても古臭く見えてしまいます。

しかし、数百年前からある海外デザインやトレンドと関係ないシンプルなデザインは、流行に左右されず古く見えません。住宅寿命が伸びている現代では、流行りに流されず普遍的なデザインを選ぶのがおすすめです。

 

・周りの家と被って個性が出ない

コスト削減のために同じデザインで建てられた住まいを見て、「つまらない」「安っぽい」と感じたことはないでしょうか?注文住宅の外観を流行りのデザインに寄せすぎると、隣の家と被って同じように見えてしまう可能性があります。

街並み単位で住宅デザインを揃える地域施策などもありますが、せっかくのマイホームは世界に一つだけでのオリジナルデザインで建てたいものです。流行に流されず、好みやライフスタイルに合わせてつくる方が、満足度は高くなるでしょう。

 

■愛知県のおしゃれな注文住宅外観実例

 

事例①

シンプルなモダン外観

片流れの大きな屋根は、シンプルな外観にスタイリッシュな印象を与えています。

大きなカーポートもホワイトに統一して、清潔感のある仕上がり。玄関タイルのグレーアクセントが引き立っています。

 

【リビング・ダイニングを見渡せる対面キッチン、家族団欒の空間に】

 

事例②

南欧風住宅の外観

暖かみがありおしゃれな南欧風の外観は、シンプルな仕上がりで日本の住宅街にもマッチします。

 

石材とレンガのおしゃれな玄関アプローチ

レンガや石材を使った外構とのトータルコーディネートで、よりおしゃれに仕上がっています。

 

【光と風と中庭と。優雅な時間の流れる家】

 

 

事例③

スタイリッシュモダンの外観

グレーとホワイトの組み合わせに加え、斜めの屋根がスタイリッシュな印象を生んでいます。

スクエアや縦長のデザインウインドウも、現代的でおしゃれなイメージづくりにつながっています。

 

【高い断熱性と防音性の構造を最大活用。 家族のたくさんの希望を叶えたお家。】

 

 

 

■注文住宅の外観をおしゃれに仕上げるテクニック

おしゃれな注文住宅の外観

細かなテクニックではなく、おしゃれな外観を作るための基本的な考え方をまとめました。どのテイストにも共通するテクニックですから、マイホームづくりの前に覚えておきましょう。

 

・引き違い窓を避ける

一般的な住宅で見かけることが多い引き違い窓は、玄関側など目立つ場所への設置を避けるとおしゃれに仕上がります。

大きな窓面積を確保しやすい引き違い窓ですが、中心にアルミの枠が見えるためあまりおしゃれな印象にはなりません。庭やバルコニーへの出入りがあるリビング、寝室などに使うのはメリットがありますが、デザインを優先する場所は避けた方が良いでしょう。

出入りの必要が無い場所なら、スタイリッシュな上げ下げ窓や滑り出し窓を選ぶのがおすすめ。換気の必要が無いなら、さらにシンプルなFIX窓を選ぶのも良いですね。縦長・横長・スクエアなど、自由な窓の形状で外観に表情を与えることができます。

 

・シンプルにつくる

おしゃれなデザインを目指すとついいろいろな要素を盛り込んでしまいますが、戸建て住宅の外観はなるべくシンプルにつくるのがおすすめ。余計な装飾の少ない外観は、見る人に上品な印象を与えます。あちこちにアクセントを盛り込みすぎるとゴチャゴチャした印象になり、好き嫌いが大きくなってしまうことも。強いアクセントは毎日眺めるうちに飽きてくることも多いため、なるべく避けた方が長く愛せるデザインになります。

 

・カラーを使いすぎない

おしゃれな住宅の外観は、基本的に1~2色とシンプルな色使いで仕上げていることがほとんど。好きな色をあちこちに使いすぎると、おしゃれな印象から遠ざかってしまうため注意しましょう。

まずは一番広い面積に使うベースカラーを決め、2色使いにする場合は組み合わせを考えます。部分的なアクセントカラーを用いる場合もあまり広い面積に使わず、多くても3色に抑えるのが良いでしょう。

 

・テイストを統一する

家族みんなの好みが違う場合、いろいろな国・年代の住宅デザインを盛り込みたくなる場合もあります。複数のテイストを一つの外観デザイン混ぜておしゃれに仕上げるのは難しいため、なるべく一つのテイストに統一するのがおすすめです。

住まいのデザインに絶対の正解はありませんから、和モダンのように和と洋のテイストを混ぜることも間違いではありません。しかしあちこちにバラバラなテイストを盛り込むと雑多な印象になってしまいますので、少なくとも基本となるテイストを決めた方が良いでしょう。

 

・庭や外構とセットで考える

住まいの外観は建物単体ではなく、門構えやお庭など通りから眺めたときの全体像で決まります。図面やイメージパースだけで考えるのではなく、外構や庭のデザインも含めてトータルで検討しましょう。

予算や工期との兼ね合いで外構を後回しにする場合も、およその全体イメージだけはセットで考えた方が良いです。住まい単体でデザインを考えてしまうと、庭づくりするときに「こうしとけば良かった」と後悔することが少なくありません。建物と庭がお互いを引き立てあうようなデザインを考えましょう。

 

■注文住宅外観のデザイン種類

好みのデザインを見つけるためには、まずどんな種類があるのか把握しておくことが大切です。注文住宅で採用される、主な外観デザインをまとめました。

 

・シンプルモダン

シンプルモダンの外観

ホワイトやベージュをベースとした、シンプルで上品なデザインです。アクセントを使わない分デザインセンスが求められますが、流行に左右されずみんなに愛される外観を得やすいです。

 

・ナチュラルモダン

ナチュラルモダンの外観

シンプルな外観ながら、木目や石材などのナチュラルテイストを加えたデザインです。緑やお花との相性が良いため、ガーデニングに力を入れたい方にもおすすめ。

 

・スタイリッシュモダン

シンプルモダンの外観

ブルーやグレーなどの現代的なカラーも使い、鋭さのある工業的な仕上がりになるデザインです。太陽光発電や蓄電池といった設備との相性が良く、意匠性を損なわずおしゃれに魅せることができます。

 

・南欧風(プロバンス)

可愛い南欧風住宅の外観

シンプルなデザインに南ヨーロッパのリゾート感をプラスしたスタイルです。オレンジの瓦にベージュの外壁など、可愛らしい印象に仕上がります。

 

和モダン

和モダンテイストの外観

欧米発祥のモダンスタイルに、和のテイストを加えたデザインです。シンプルなデザインと暖かみを両立でき、歴史も長いため流行にも左右されません。

 

■まとめ:注文住宅の外観は流行に流されず自由に作りましょう♪

住まいの印象を決める外観は、流行りのデザインではなく本当に気に入ったものを採り入れておしゃれに仕上げましょう。お散歩がてらたくさんの外観をチェックして、気に入ったデザインを見つけてみてください。

アクティエは愛知県内に複数のモデルハウスをご用意しています。プランナーが腕によりをかけた外観デザインをさまざまな角度でご覧いただけますので、ぜひご活用ください。間取りや内装のデザインも、住まいづくりの参考になりますよ♪スタッフ一同お待ちしております。

 

【モデルハウス情報】

コラム記事一覧へ