土地コラム

新築内装のコーディネートが難しい理由|おしゃれな注文住宅実例【愛知】
おしゃれな新築の内装コーディネート

新築住宅の内装を考えるのはとても楽しい一大イベントですが、同時に難しさやプレッシャーを感じる方も少なくありません。

そもそもほとんどの方にとって内装デザインを考えるのは初めての体験ですから、どこから手を付けるべきか分からないですよね?

そこで今回は、新築内装デザインの種類や決め方の手順を写真付きで解説します。

最後にいくつかおしゃれな新築内装デザインの実例も掲載しますので、参考にどうぞ。

 


目次
■新築内装のコーディネートが難しい理由
■新築内装デザインの種類
■新築内装の決め方手順
■新築内装のコーディネート注意ポイント
■新築内装デザイン実例を紹介


 

■新築内装のコーディネートが難しい理由

おしゃれな寝室デザイン

まずは新築内装コーディネートの難しさを理解するところから始めましょう。難しいポイントが分かっていれば、対策しておしゃれに仕上げることができます。

 

・デザインが多すぎる

インターネットの普及によってさまざまな国の情報が手に入る現代、住宅デザインの種類も多用化しています。一般の方にとってはデザインの種類が多すぎて、一つずつチェックしていくのも大変な状況と言えるでしょう。

例えばモダンデザイン一つを取っても、ナチュラル・ミッドセンチュリー・ラグジュアリー・北欧・アジアンなど国や時代別に多くの種類があります。次の項目でおおまかな見分け方を紹介しますので、ここでは「たくさん種類があって大変」ということだけ覚えておいて下さい。

 

・家具/家電との相性が分からない

内装デザインは組み合わせる家具や家電との相性も重要です。せっかく壁紙やフローリングにこだわっても、ソファのカラーを外してしまうと残念な印象に…。

新築住宅のデザインを考えるときは、必ず間取りとインテリアをトータルコーディネートしましょう。

 

・間取りとのバランスが難しい

内装コーディネートは壁紙やフローリングのカラーを決めるだけではなく、お部屋の形・窓の配置なども重要です。デザイン性と使い勝手のバランスを考えるのは、私たち住まいづくりのプロでも腕の差があらわれるところ。

デザインだけを見るのではなく、普段の使い勝手や収納量などもしっかり考えましょう。

 

・家族で意見が分かれる

マイホームづくりでは家族全員が主役ですから、好みのデザインが分かれてしまうことも少なくありません。みんなで好き勝手に間取りを考えると、バランスの悪いちぐはぐな内装になってしまいます。全員が納得するデザインを見つけるためには、しっかり話し合いを重ねて意見をまとめることが大切です。

 

■新築内装デザインの種類

上でもご紹介しましたが、内装のデザインは元になっている国や時代によって無数に存在します。すべてを覚えるのは大変ですが、何も分からないと打ち合わせのときにイメージを伝えるのが難しいですよね。打ち合わせのときに使える大まかな分類と、それぞれの特徴だけ覚えておきましょう。

 

・モダン系

シンプルモダンの内装

モダン系デザインは、基本的には無駄な装飾を省いたシンプルな仕上げが特徴です。国や時代によって多くのテイストに枝分かれしていますが、基本的な考え方は同じです。日本のデザインを採り入れた和モダンもよく見かけます。

新しいデザインというイメージがありますが、200年以上の歴史があり、シンプルで流行に左右されないメリットがあります。

 

・海外系

南欧風の寝室内装

欧米やアジアなど、海外の住宅デザインを多く採り入れるのも人気の高い内装コーディネートです。お気に入りの映画に出てくるような素敵な雰囲気に仕上げられるのが魅力。参考にする国によって大きくテイストが変わります。

 

・ナチュラル系

ナチュラルテイストのダイニングキッチン

天然木の質感を楽しめるナチュラル系の内装デザインは、好き嫌いの少ない定番の内装コーディネート。どんな間取りとも相性が良く、いろいろなインテリアアイテムとも馴染みやすいです。漆喰や珪藻土などの自然素材との相性も抜群。

 

・シック系

シックな玄関デザイン

高級感のあるダークカラーを採り入れた、落ち着きのある内装デザインです。年齢を問わず人気が高いデザインのため、若いときに選んでも長く愛せるのがメリット。インテリアとトータルコーディネートすると、センス良く仕上げやすいテイストでもあります。

 

■新築内装の決め方手順

おしゃれな内装コーディネート

内装デザインを考えやすい手順をまとめました。あくまで一例ですが、順序立てて決めていくとイメージをつかみやすいです。ぜひ参考にしてみてください。

 

1.たくさんのデザインを見て吸収する

まずは理想のイメージをつくる材料となる、たくさんの施工事例をチェックしましょう。材料が多ければ多いほど、理想のイメージを練り上げやすくなります。

気になったデザインの画像をどんどん保存して、時間をおいて見直しながらさらに絞っていくと好みを見つけやすいのでおすすめです。写真を保存しておくと、私たちコーディネーターと打ち合わせするときにも役立ちます。

 

2.家族で意見をまとめる

デザインの好みが分かってきたら、家族で話し合って方向性を確認しましょう。自分では気付かなかったデザインを発見することもありますので、時間をかけてじっくりお話してみてください。

ご家族だけで意見がまとまらないときは、私たち施工店のコーディネーターを交えて話し合うのもおすすめです。ほとんどのハウスメーカーや工務店はモデルハウスなどで気軽に相談できる体制ですので、気軽に声をかけてみましょう。

 

3.床の色と材質を決める

具体的に内装を選ぶ段階では、まず床から決めるのがおすすめです。

フローリングは目に入る面積が大きく、組み合わせるテーブルやソファも選びやすくなります。ナチュラル系・シック系など、床のカラーでおおまかなデザインの方向性も決まってきます。

 

4.壁・天井のカラーを決める

床のカラーに合わせて、やはり面積が広い壁と天井を決めていきます。

 

5.キッチン・建具などの設備を決める

お部屋のベースが決まったら、そこに設置するキッチンやドア・窓枠など設備のカラーを選んでいきます。

 

6.照明を決める

お部屋のイメージに照明が与える印象は大きいです。マイホームが完成してから選ぶのではなく、同時進行でおしゃれなライティングを考えましょう。

 

7.カーテンや家具を決める

この例ではカーテン・家具を決める段階を最後にしていますが、途中で考えてもOKです。インテリアを軸に床や壁を決めていく手順でも問題ありません。どの段階でも、内装とのトータルコーディネートを考えましょう。

 

 

■新築内装のコーディネート注意ポイント

海外テイストの玄関

新築のデザインでよくある失敗を防ぐために、注意すべきポイントを紹介します。

 

・アクセントを詰め込みすぎない

おしゃれな部屋を目指して考えると、ついいろいろなデザインやカラーを盛り込みたくなるものです。しかし一つひとつはおしゃれなアクセントも、詰め込みすぎるとごちゃごちゃしてうるさく見えてしまうことが少なくありません。

デザイナーズ住宅のようなおしゃれ内装も、よく見るとベースはシンプルにできていることが多いです。シンプルなお部屋で「つまらないな」と感じたらアクセントをチョイ足しするくらいを心がけましょう。

 

・トータルバランスを考える

内装デザインはフローリング・壁紙・ドアなど一つずつの要素でできていますが、決めるときは必ず単品ではなくトータルバランスを意識しましょう。

それぞれの場所に好みのカラーをバラバラに使うと、全体のバランスがうまく取れない可能性があります。もしドアを好みのカラーにするのならフローリングと壁紙はそれに合わせるなど、軸となる要素に他の部分を合わせるのがおすすめです。

 

・実物サンプルで選ぶ

壁紙やフローリングを選ぶ際は、カタログの印刷で選ぶのではなくできるだけ実物サンプルを確認しましょう。印刷では分からない凹凸や触り心地なども、仕上がりに大きく影響します。

ほとんどの建材メーカーはカットサンプルを用意してくれますので、時間を惜しまず調達しましょう。実物を見た方がイメージ違いを防ぎやすくなりますので、ぜひ実践してください。

 

■新築内装デザイン実例を紹介

最後に、実際の新築内装デザインの中からいくつかピックアップしてご紹介します。

 

事例①スタイリッシュモダン

スタイリッシュなモダンリビング

内装とインテリアをホワイトに統一したシンプルなお住まいですが、細かい工夫でハイセンスな仕上がりになっています。

 

ホワイトに統一したおしゃれなリビング

カラーをそろえたタイルアクセントは、凹凸の質感で上品かつおしゃれな印象を与えています。

 

【デザイナーズ家具と調和したスタイリッシュ住宅】

 

 

事例②落ち着きのあるシックなLDK

シックなリビングデザイン

ダークカラーをバランスよく配置した落ち着きのあるLDK空間は、いつまでも居たくなるお部屋です。

 

ビンテージ感のあるリビング

アクセントウォールや天井の梁飾りなど、圧迫感が出ないよう絶妙なバランスで配色しています。

 

【家族もピアノ教室のお客様も楽しい+オシャレなお家。】

 

 

事例③上品なナチュラルモダン

ナチュラルモダンのリビング

フローリングやキッチン、インテリアの木目を統一したナチュラルテイストのLDK。

 

ナチュラルモダンのダイニングキッチン

キッチンダイニングの天井に間接照明を仕込み、高級感のあるモダンテイストも加えています。

 

【細部にまでこだわった「モダン×ナチュラル」な住宅】

 

 

事例④さわやか南欧リゾート風

南国リゾート風のLDK

天井の梁を大胆に見せたLDKは、さわやかな南欧リゾート風のデザイン。お家にいながら毎日海外気分を味わえる本格的な仕上げです。

 

おしゃれな洋風畳の間取り

家事や子育てでも便利な畳スペースも配置。ナチュラルな南欧テイストには、自然素材の畳もマッチしますね。

 

【ポップなカラーが街並を軽やかに。 可変するナチュラルテイストの住宅】

 

■まとめ:コツを抑えて新築内装をおしゃれにコーディネート♪

おしゃれな内装コーディネート

一見ハードルが高そうな新築内装のコーディネートですが、ちょっとしたコツを覚えて手順を踏めばおしゃれに仕上げることができます。

たくさんのおしゃれな住まいを見て、良いデザインを吸収しましょう。アクティエでは、ここでご紹介した以外にもたくさんの施工事例を公開していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

【施工事例一覧】

 

■愛知県のおしゃれなモデルハウスもご活用ください

たくさんの施工事例をチェックしたら、次は実際の間取りを見てみるのがおすすめです。写真を見て膨らませたイメージと実物を比べることで、実際の内装デザインを考えるときに大変役立ちます。

アクティエは愛知県内の大府・長久手・岡崎に4カ所の自社モデルハウスをご用意しています。デザイナーが腕を振るった自慢の内装デザインを、ぜひ体感してみてください。「ちょっと興味があるな」というお気軽なご利用も大歓迎です。お出かけのついでに、ご家族でお立ち寄りください♪

 

【モデルハウス情報】

コラム記事一覧へ