土地コラム

新築の階段をおしゃれに仕上げるコツ|愛知県の注文住宅間取り実例
おしゃれなリビング階段

住まいの間取りのなかでは比較的存在感が少ない階段ですが、ちょっとしたコツやテクニックでとてもおしゃれな空間になります。

階段のデザインにこだわると住まい全体がおしゃれに仕上がるため、注文住宅を建てるならぜひ注目したいポイント。

今回は新築住宅の階段をおしゃれに仕上げるコツや、相性の良い間取りをご紹介します。

実際の間取り実例も写真付きで解説しますので、イメージづくりに役立ててください♪

 


目次
■階段にこだわるとおしゃれな間取りになる
■おしゃれな階段のある新築間取り実例
■おしゃれな階段と相性の良い間取り/デザイン
■階段をよりおしゃれに仕上げるコツ


 

■階段にこだわるとおしゃれな間取りになる

おしゃれな階段レイアウト

雑誌やテレビで見かけるおしゃれなデザイナーズハウスで、おしゃれな階段を見たことはありませんか?比較的注目する方が少ない部分ですが、実は階段を上手に仕上げると住まい全体がとってもおしゃれになります♪

階段は縦横空間のイメージが必要となるため平面図では確認しにくいのですが、3Dパースなどを活用して思い通りに仕上げてみましょう。

このあと紹介するおしゃれな階段実例もとても参考になりますので、気に入ったデザインをうまく採り入れてみてください。

 

■おしゃれな階段のある新築間取り実例

実際の新築住宅の中から、おしゃれな階段デザインをピックアップしました。それぞれ詳細ページに住まい全体の写真もありますので、気になる階段があったらぜひチェックしてみてください。

 

事例①

おしゃれな階段のあるリビング

ひろびろしたLDKから見えるリビング階段は、主張しすぎずさりげなくおしゃれに見えるレイアウト。

 

吹き抜けの明るい階段と中二階スペース

踊り場はたっぷり光が降りそそぐワークスペースに仕上げました。階段自体もアイアン手すりでスッキリ仕上げ、おしゃれで居心地のよい場所になっています。

 

【アイランドキッチンで生活動線がラクラク!過ごしやすい快適住まい】

 

 

事例②

スケルトン階段のあるリビング

デザイン性が高く圧迫感の少ないスケルトン階段は、吹き抜けリビングと組み合わせると非常に効果的です。

細身の手すりでシンプルながら、ブラックで空間を引き締めるアクセントにもなっています。

 

【明るい光に包まれた、猫と暮らす快適住まい】

 

 

事例③

奥行感のあるリビング階段

リビングの奥に階段を配置して奥行感を強調し、広く見せるのも一つのテクニックです。階段下をテレビスペースや収納にするなど、デッドスペースも活用しています。

 

吹き抜けから見たリビング階段

高さのある吹き抜けとの組み合わせは、単なる階段の上り下りでも素敵な景色を見せてくれます。

 

【モデルハウスのかっこいい自宅でも。ダイナミックな開放感が魅力的なお家。】

 

 

事例④

スケルトン階段と組み合わせたリビング

木製のスケルトン階段は、踊り場からの光をたっぷり届けてくれる間取りアイデア。

 

木製のスケルトン階段

アイアンを使わないシンプルで美しい仕上がりは、眺めるだけでも価値があるデザインになっています。

 

【溢れる光が日々の住まいを彩る住宅】

 

■おしゃれな階段と相性の良い間取り/デザイン

階段をおしゃれに見せることができる、相性の良い間取りやデザインをピックアップしました。

 

・リビング階段

折り返しのリビング階段

事例でもご紹介しましたが、おしゃれな階段はリビングとの相性抜群。

リビング階段は踊り場や二階からの自然光を届けてくれる効果もあり、明るい空間になるのも魅力です。玄関から廊下までの間取りを省略して、効率的な住まいづくりができるのも大きなメリット。

リビングが移動の中心になり、家族が自然に顔を合わせて会話が生まれるのも良いですね。特に子育て世代の方に人気が高い間取り例です。

 

・吹き抜け

吹き抜けリビングの階段

階段自体を大きな吹き抜け空間と組み合わせると、明るくおしゃれな空間に仕上がります。

1Fと2Fをつなぐ階段は小さな吹き抜けとも言えますが、リビングの大きな吹き抜けと組み合わせるとデザインの自由度がとても高くなります。

吹き抜けの高さを強調してさらに広く見せたり、階段をおしゃれなアクセントにしたり、いろいろなパターンを考えてみましょう。

 

・スケルトン階段/オープン階段

スタイリッシュなスケルトン階段

踏板の向こうが透けて見えるスケルトン階段も、おしゃれな間取りの定番デザインです。オープン階段と呼ぶ場合もありますが、同じデザインのことを指します。

手すりと踏板の材質やカラーにこだわれば、階段自体がとてもおしゃれなインテリアとして機能するのがスケルトン階段の特徴。光と風を通して圧迫感も少ないため、リビング階段と組み合わせるのもおすすめです。オリジナリティを出してワンランク上のデザインを目指すなら、ぜひ採り入れてみてください。

 

・中二階

階段の途中にある中二階スペース

階段の途中に設ける中二階スペースは、デザイン性と利便性が両立する非常におしゃれな間取りです。

リビングと二階どちらにも属さないプライベートスペースとして、仕事や趣味をこなす場所にピッタリ。中二階は上の階からの明るい光を採り入れやすく、さわやかな場所に仕上げやすいのもメリット。

 

・アイアン手すり

アイアン手すりの階段

階段の手すりをデザイン性の高いアイアン素材に変えるのもおすすめのデザイン。アイアン手すりは加工によって装飾をつけられるため、ヨーロッパ風のエレガントな仕上がりが好きな方におすすめ。

装飾なしのスタイリッシュなデザインで、モダンスタイルにもマッチします。

 

■階段をよりおしゃれに仕上げるコツ

どのレイアウトにも共通する、階段をおしゃれに仕上げるちょっとしたコツをご紹介します。

 

・照明にこだわる

照明にこだわった階段

どの間取りにも共通することですが、照明にこだわるとワンランク上のおしゃれなデザインに見えるのでおすすめ。

足元がしっかり見えるように明るさを確保するのはもちろんですが、照明のデザインや配色を魅せるデザインにしてみましょう。

照明自体がアクセントになるペンダントライトや、明暗がついて雰囲気が良くなるブラケットライトなど、ちょい足しデザインもおしゃれです♪

 

・窓にこだわる

明るい階段と中二階スペース

階段内に光を届けてくれる窓の形とレイアウトは、デザインや空間の雰囲気にも大きな影響を与えます。

昔は階段の途中に引き違い窓をつけるのが一般的でしたが、みんな同じだと少しつまらないですよね。縦長・横長・スクエアなど、スタイリッシュな形の窓を上手に配置すると、上品でおしゃれなデザインを作りやすいです。

並び方も一直線だけでなく、斜めやランダムなどいろいろなパターンを考えてみましょう。

 

・階段からの眺めにこだわる

眺めの良い階段

吹き抜け階段など見晴らしがよいレイアウトは、通るたびに素敵な景色を眺めることができます。朝日が降り注ぐ素敵なリビングを毎朝目にしたら、マイホームへの愛着もさらに湧いてきます♪

 

・レイアウトにこだわる

曲がり階段のレイアウト

一口に階段といっても、直線・曲がり・折り返しなどレイアウトのパターンはさまざま。レイアウトによって空間の印象がかなり変わりますので、いろいろなパターンを考えてみましょう。

例えば吹き抜けと組み合わせるなら、外周を回り込むようなレイアウトにすると空間の広がりが出ます。2階のレイアウトとも関係してきますが、階段自体の形状にも注目してみてください。

 

■まとめ:階段にこだわってマイホームをおしゃれに仕上げましょう♪

おしゃれな階段の間取り

1階と2階をつなぐ大切な通路である階段、デザインにもこだわることでとてもおしゃれな空間になります。特にリビング階段の間取りは、子育て世代の方を中心に人気が高まっています。

階段もリビングもおしゃれに仕上げて、家族の絆を感じる素敵なマイホームを手に入れましょう♪今回ご紹介した実例以外にもたくさんの階段デザインを公開していますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

【施工事例一覧】

 

■愛知県のデザイン注文住宅ならアクティエにおまかせください

わたしたちアクティエは、お客様のご要望にお応えする自由設計の住まいづくりをご提案しています。好みのデザインや生活スタイルなど、どんなこともヒントになりますので、ぜひお気軽にお話しください。

愛知県内の長久手・大府・岡崎には、自社設計のモデルハウスもご用意しています。デザイナーが腕によりをかけた空間デザインをご体感いただきながら、ぜひ理想のマイホームのイメージをお聞かせください。お客様とお会いできることを、スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

 

【モデルハウス情報】

コラム記事一覧へ