土地コラム

新築のスキップフロア間取りバリエーション|愛知県の注文住宅実例
スキップフロアの間取り

おしゃれな注文住宅で見かけることが多いスキップフロアの間取り。

高さを活かした開放的な空間づくりは魅力ですが、設計や費用のハードルが高いイメージもありますよね。

今回はスキップフロアのバリエーションを、実際の新築住宅の写真を見ながら解説します。

メリット・デメリットと対策もしっかり把握して、理想の間取りづくりに役立てましょう。

 


目次
■スキップフロアとはどんな間取り?
■スキップフロアの間取りバリエーション
■おしゃれなスキップフロアの新築間取り実例
■スキップフロアのメリット
■スキップフロアのデメリットと対策


 

■スキップフロアとはどんな間取り?

スキップフロアの間取りレイアウト

スキップフロアは高さの違う床面を配置して、お部屋の高さを活用する間取りのことを指します。ロフトや階段の途中につくる中二階なども、広い意味でスキップフロアに含まれます。

住宅の断熱性能が上がり、冷暖房効率が悪くなるというデメリットが緩和されたおかげで、一般住宅での採用例も増えてきました。デザイン・実用面ともに魅力的な間取りですから、積極的に検討してみてください。

 

■スキップフロアの間取りバリエーション

 

・ロフト

ロフトの趣味部屋

吹き抜けと相性の良いロフトは、スキップフロアで定番の間取りバリエーションです。

本来屋根裏としてデッドスペースになる部分を有効活用できるため、メリットも大きいです。

物置・書斎・子供の遊び場など、多目的に使えるのもロフトの魅力。

 

・半地下

半地下の間取り

1階から少し下がった場所に設ける半地下スペースも、使い勝手の良いスキップフロアバリエーションです。

周囲を地面に囲まれた半地下は防音性に優れるため、お子さんの遊び場や楽器演奏の場所にピッタリ。温度と湿度が安定しているため、ワインセラーや常温食材の保管庫としても優秀です。

 

・中二階

開放的な中二階

階段の途中に設ける中二階の間取りは、少ない床面積でスキップフロア化できる便利なレイアウト。

リビング階段と組み合わせると、解放感のあるデスクスペースをつくることができます。在宅ワークをこなす場所にもおすすめです。

 

・ステップフロア

リビングのステップフロア

リビングの床を一段下げるステップフロアは、手軽に取り入れやすいスキップフロアの一例です。

ソファの位置が下がると天井が高く見えるため、リビングを広く見せることができます。ダイニングやキッチンとのゾーニングができ、シンプルな空間にメリハリが生まれるのも特徴。

 

■おしゃれなスキップフロアの新築間取り実例

実際にスキップフロアを活用した新築の間取りを見ていきましょう。

それぞれの詳細ページには、住まい内外観の写真もたくさん掲載しています。気になったお家は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

事例①

階段途中の中二階スペース

リビングと2階の間にスキップフロアを設け、ピアノ演奏を楽しめる趣味スペースに。

 

中二階のスキップフロアレイアウト

デスクスペースも確保し、明るく開放的な環境で在宅ワークもこなせます。

 

吹き抜けのリビング

リビングから斜めに視線が抜けて広く見え、踊り場の自然光がたっぷり入る間取りになりました。

 

【詳細】⇒リビング・ダイニングを見渡せる対面キッチン、家族団欒の空間に

 

 

事例②

スキップフロアのデスクスペース

リビングが見渡せる1.5階にデスクスペースを2つ確保。お子さんの学習やワークスペースなど多目的に使える間取りです。個室ほど床面積を必要とせず、大きな開放感のある気持ち良いデスクですね。

 

プライバシーを確保したスキップフロア

目の前のキッチンと距離が近いため、家族とすぐにコミュニケーションを取ることができます。

 

【詳細】⇒屋外とつながる和室のあるお家

 

 

事例③

中二階のスキップフロアワークスペース

階段踊り場を利用した1.5階のワークスペースは、大きな吹き抜けが気持ち良くストレスなく作業をこなせそう。

 

ステップフロアのリビング

リビングは2段下がったステップフロアで、生活空間と目線を変えてゾーニングしています。

 

半地下の子供部屋

滑り台付きの半地下スペースは、お子さんが思い切り遊べる秘密基地に。2階建てながら4フロア構成の、効率的な新築間取りです。

 

【詳細】⇒中二階、吹き抜け、半地下など縦の空間を活かしたオシャレなお家

 

 

■スキップフロアのメリット

スキップフロアのLDK

・デザインバリエーションが多くおしゃれ

空間の高さを活かせるスキップフロアは、ワンフロアのお部屋作りよりデザインバリエーションが豊富です。

窓の位置を調整したり、空間の重なり具合を考えたりすることで、よりおしゃれな印象のある空間づくりをしやすいのがメリット。

 

・床面積を有効活用できる

複数のフロアを重ねることができるスキップフロアは、床面積を増やすことでのびのび暮らせる住まいづくりにつながります。

高さを変えて各フロアを間仕切りできるため、廊下を省略できるのも床面積的にかなり有利です。

人気エリアの狭小地など、少ない面積での家づくりのときに大きな効果を発揮します。

 

・デッドスペースを収納にできる

スキップフロアで生まれた高低差を活用すると、デッドスペース収納をつくることができます。

色々な場所に複数の収納をつくると、掃除用具や生活用品のストックなどを効率的にしまえて便利です。

物が散らかりにくくなるため、生活感のないおしゃれな空間をキープすることにもつながります。

 

・開放感のある部屋になる

異なる高さのフロアをつなぐと、視線が抜けて大きな開放感が生まれます。

同じ床面積でも見え方がかなり変わりますので、リビングを広く見せたいときなどに効果的です。

 

・自然光が奥の部屋に届きやすい

間仕切りのないスキップフロアは、高い窓からたっぷり自然光が入って、奥の部屋まで届く明るい間取りを作りやすいです。

隣の家があり採光が難しいお部屋は、スキップフロアでつないであげると昼間も明るくつくることができます。

 

・家族のコミュニケーションが生まれる

同じ空間内にプライベートスペースをつくることができるスキップフロアは、いつでも家族同士でコミュニケーションを取りやすいのも魅力。

声をかければ届く距離感でお互いの時間を過ごせるため、これから子育てを迎えるご家庭にもピッタリです。

 

■スキップフロアのデメリットと対策

スキップフロアのデスクスペース

・設計センスが求められる

平面だけでなく高さの計算も求められるスキップフロアは、設計力が試される間取りです。プランナーのセンスが問われるため、担当者の当たりはずれが大きい点は注意が必要なデメリットといえるでしょう。

 

【対策】⇒実績の多い施工店を選ぶ

暮らしやすくおしゃれなスキップフロアをつくるために、設計ノウハウを持つ施工店を選ぶことが大切です。中二階やロフトなど、実際の施工事例を見てスキップフロアの実績が多い会社を選びましょう。

 

・空調効率が悪い

間仕切り壁のないスキップフロアは、広い空間になるため冷暖房効率が低下しやすいです。空気の体積が増えるため、エアコンやストーブをつけてから適温になるまでの時間もかかります。

 

【対策】⇒高気密高断熱仕様にする

広いお部屋の冷暖房効率低下は、住まい全体の高気密・高断熱化で対策することができます。

天井・壁・床・窓をすっぽり断熱層で包めば、魔法びんのように熱を逃がさず適温をキープできます。冬の寒さはもちろん、夏の暑さ対策にもなり、一年中光熱費を節約して快適に過ごせますよ。

 

・バリアフリー対応が難しい

スキップフロアは小さな階段や段差が増えますので、老後のバリアフリー対応は難しいのが正直なところです。

細かいフロアに分かれるため、エレベーターでの対応も現実的ではありません。

 

【対策】⇒必要な間取りを1階にまとめる

老後まで見据えた間取りを考えるなら、水回りや寝室など生活に必要な間取りをワンフロアにまとめておきましょう。

子供が巣立った老後は必要な部屋数も減りますので、メインの生活は1階にして余った間取りは収納に活用しましょう。

スキップフロアの部屋は、お子さん家族や友人が泊まりに来たときの客間として使うこともできます。

 

■まとめ:愛知でスキップフロアの家なら、アクティエにご相談ください

スキップフロアはデザイン性・利便性ともに高く、理想の住まいを目指すならぜひ検討したい間取りの一つ。上手に取り入れて、ライフスタイルにピッタリなマイホームづくりに役立てましょう。

ただし設計力とデザインセンスが求められる間取りですから、なるべくたくさんの実績を持つハウスメーカーを選んでください。

私たちアクティエは、中二階・ロフト・スキップフロアなどオーダーメイドの自由な家づくりを得意とするハウスメーカーです。

ここでご紹介しきれないスキップフロアの施工事例もたくさん公開していますので、お時間のある方はぜひご覧ください。

 

【施工事例一覧】

 

愛知県の大府・長久手・岡崎には、スキップフロアの雰囲気を体感いただける自社モデルハウスもご用意しています。私たちのデザイン力や家づくりへの想いも、ぜひチェックしてみてください。お待ちしております。

【モデルハウス情報】

コラム記事一覧へ