土地コラム

ダサい総二階の外観を回避しておしゃれに仕上げるコツ|愛知県の新築実例
おしゃれな総二階の外観

都市部の住宅地では総二階の家が珍しくありませんが、同じような家が建ち並ぶと少し残念な印象になってしまうことも。

今回は「総二階の外観をおしゃれに仕上げるコツ」というテーマで、メリットやデメリットを詳しく解説していきます。

実際のおしゃれな総二階の外観実例もご紹介しますので、デザインの参考にどうぞ。

 


目次
■総二階の外観づくりは難しい?
■おしゃれな総二階注文住宅実例
■総二階のメリット
■総二階のデメリット
■総二階の外観をおしゃれに仕上げるコツ


 

■総二階の外観づくりは難しい?

スタイリッシュな総二階

一階と二階がほぼ同じ形になる総二階の間取りは、凹凸の無いシンプルな外観になるためつまらない印象になりがちです。

コスト面や間取り効率の良さから建売住宅で採用されることも多く、「総二階=ダサい」といったイメージを持つ方も少なくありません。

確かに総二階は変化を出すのが難しい間取りですが、工夫次第でおしゃれに仕上げることは可能です。

土地や間取りの関係で総二階になりそうなときは、ここでご紹介する間取りの工夫をうまく採り入れてみてください。

 

■おしゃれな総二階注文住宅実例

実際の総二階注文住宅を見ながら、おしゃれに仕上げる工夫を採り入れてみましょう。

それぞれの詳細ページには、内装間取りや設備の写真もありますので、気になる住まいがあったらそちらもどうぞ。

 

 


事例①

ダークカラーとスリット窓の総二階外観

玄関側が非常にシンプルなシルエットの総二階建てですが、ダークカラーとスリット窓の組み合わせでスタイリッシュな印象に。

フラットタイプのカーポートや外壁と合わせたアプローチも、現代的でおしゃれなイメージにつながっています。

 

【事例詳細】モデルハウスのかっこいい自宅でも。ダイナミックな開放感が魅力的なお家。

 

 


事例②

窓配置にこだわった総二階

シンプルな真四角の総二階外観を、外壁材のチョイスと窓配置の工夫でおしゃれに仕上げています。

上下階の開口部ラインをそろえ、間延びせず上品に見えるおしゃれなアクセントに活用。

立体感のある外壁材も、安っぽいイメージを無くし高級感を生み出しています。

 

【事例詳細】吹抜で広々とした空間を演出、リラックスできる快適住まい

 

 

 


事例③

南欧風のおしゃれな総二階外観

こちらも正面に凹凸のないシンプルな総二階ですが、屋根の形でおしゃれに見せています。

窓の配置やアーチ開口の玄関など、細かいアクセントもさりげないテクニック。

 

南欧風の外観に合わせたおしゃれな玄関アプローチ

南欧風の外観とトータルコーディネートした外構も、素敵な雰囲気づくりにつながっています。

 

【事例詳細】光と風と中庭と。優雅な時間の流れる家。

 

 

 

■総二階のメリット

ホワイトの総二階外観

 

・建築コストを抑えやすい

シンプルな外観の総二階は、外壁・屋根の材料費と施工費を抑えやすいのが大きな魅力。

同じ面積を施工する場合でも、途中で切れている場合より一直線の方がスムーズに進みます。

凹凸部の部材が減り、加工の手間がなくなるのもコストカットにつながります。

 

・メンテナンスしやすい

初期費用だけでなく、外壁や屋根塗装、張り替え時のコストを抑えられるのもうれしいポイントです。

凹凸の無いシンプルな外壁屋根は傷みにくく、メンテナンスもスムーズに進みます。

 

・耐震面で有利

張りや欠けの多い二階建てとくらべると、総二階は通し柱を配置しやすいため耐震性を持たせやすいのもメリットの一つ。

現代の住まいは耐震基準が設けられていますが、より安全性の高い住まいを目指すなら総二階は魅力的な選択肢といえるでしょう。

 

・床面積を確保しやすい

総二階は、土地の建ぺい率・容積率の上限まで床面積を確保しやすい間取りです。

市街地などコンパクトな土地の場合、床面積を増やして居住空間や収納をひろびろつくるなら総二階が有利です。

 

・広い庭をつくりやすい

1階をコンパクトに収めやすい総二階の間取りは、土地を余らせて駐車場やお庭を広く取りやすいのも魅力です。

車を使うご家族が多い場合、ガーデニングを楽しみたい場合などは、総二階で土地を有効活用してみましょう。

 

・雨漏れリスクが少ない

凹凸の少ない総二階は、長年の経年劣化による雨漏れリスクを低く抑えやすいのも特徴です。

家の角は地震の揺れや風による力が集中しやすく、細かいひび割れが発生して雨漏れにつながりやすい場所です。屋根も凹凸が多くなるほどすき間からの雨漏れリスクが増加します。

総二階は外壁と屋根の凹凸部を減らすことができるため、結果的に雨漏れしにくい丈夫な家になるというわけです。

 

■総二階のデメリット

シンプルな総二階の外観

 

・立体感がなく安っぽく見えやすい

外壁と屋根がシンプルな構成になりやすい総二階は、立体感を出すのが難しいため気をつけないと安っぽい外観になってしまうことも。

特にシンプルなカラーを選ぶ場合、ローコストに見えてしまうケースが多いです。次の項目で解説するおしゃれに仕上げるコツやテクニックを駆使して、チープな外観を避けましょう。

 

・上下階の間取りバランスが難しい

間取りづくり面でのデメリットにも触れておきましょう。

総二階は1階の床面積が少なくなるケースもあり、生活に関する間取りが分散してしまう可能性があります。

老後のことを考えると水回りやリビングは1階にまとめておきたいですが、難しい場合はホームエレベーターの後付けも検討しましょう。

 

■総二階の外観をおしゃれに仕上げるコツ

 

・目指すテイストを決める

総二階の外観が安っぽくなってしまう原因としては、いろいろなデザインを盛り込んで中途半端になってしまうパターンが挙げられます。

総二階をおしゃれに仕上げるなら、最初に目指すべきテイストを決めて各要素を選んでいきましょう。

モダン・和風・南欧風など好みのテイストに特化すれば、シンプルなシルエットの外観もおしゃれに仕上げることができます。

 

・バルコニーアクセントを活用する

バルコニーアクセントを活用した総二階

真四角の総二階に変化をつけるデザインとして、バルコニーをアクセントにするのも一つの方法です。

外観に変化が生まれ、カラーを変えることでおしゃれな印象を与えることもできます。

 

・外壁材にこだわる

外壁の凹凸が特徴的な総二階

シルエットがシンプルな総二階建ての外観は、外壁の質感や模様がイメージに与える影響も大きいです。

例えば目地のないモルタル外壁でスッキリ仕上げたり、凹凸感のある外壁材で高級感を出したり。

カラーだけでなく外壁の模様や質感にもこだわって選んでみましょう。

 

・窓の配置に工夫する

窓の配置がおしゃれな新築外観

真四角の総二階にシンプルな引き違い窓ばかり配置すると、面白みのない外観になってしまいます。

スリット窓やスクエア窓をバランスよく配置することで、シンプルな形状でもおしゃれに見せることができます。いろいろな窓レイアウトを試してみましょう。

 

・屋根の形にこだわる

シンプルな片流れ屋根の総二階

総二階の外観はシンプルな分、屋根の形状によって印象が大きく変わります。

上の写真はシンプルなシルエットに片流れ屋根で変化を持たせています。

フラットな陸屋根やスタイリッシュな片流れ屋根はモダンデザインと相性が良く、総二階の外観をおしゃれに見せてくれるおすすめのデザインです。

 

・外構とトータルコーディネートする

建物の外観に合わせて門やフェンス、駐車場などの外構部分もトータルコーディネートすると、ワンランク上のデザインに見せやすいです。

カーポートやシンボルツリーといったエクステリアアイテムも、外観のおしゃれなアクセントとして活用することができます。

シンプルな総二階の外観に外構で変化を持たせるといったこともできますので、なるべく新築時に外構も一緒に考えてみましょう。

 

■まとめ:総二階の外観は工夫次第でおしゃれに

一般的にはおしゃれに仕上げるのが難しいイメージのある総二階ですが、ちょっとした工夫で素敵に見せることができます。

敷地や間取りの関係で総二階になる場合も、しっかりこだわって理想の外観に仕上げましょう。

わたしたちアクティエは愛知県を中心に、お客様のご要望にマッチする理想の住まいづくりをお手伝いしています。

ほかにもたくさんのおしゃれな施工事例を公開していますので、こちらもぜひデザインの参考に活用ください。

 

【施工事例一覧】

 

愛知県内の大府・長久手・岡崎には、間取りやデザインの参考になる自社モデルハウスもございます。こちらもお気軽にご活用ください。

 

【モデルハウス情報】

コラム記事一覧へ