COLUMNS
コラム
アウトドアリビングのある間取り|手軽に外と繋がれる

中庭

最近感染症対策により、さまざまなレジャーや遊びが制限されることが増えました。

これにより、感染症を気にせず楽しめるキャンプやハイキング、登山といったアウトドアへの注目が高まっています。

しかし、本格的なアウトドアに取り組むのは手間も時間もかかって大変そう…と思ってしまいますよね。

そんな方には、おうちで手軽に楽しめるアウトドアリビングがおすすめです。

この記事では、アウトドアリビングの楽しみ方や活用法を紹介していきます。

 

コラムのポイント
  • 手軽に外の空気を感じられるアウトドアリビングが人気
  • ウッドデッキ、バルコニー、中庭を活用する方法がおすすめ

 

 

 

 

家の中でも屋外の空気を感じたい

外出自粛などで、家にいる時間が長くなったと感じる人は多いですよね。

映画やゲーム、SNSなど家の中でも楽しめる娯楽はたくさんありますが、やはり外の空気を吸うことも大切です。

そんな中で、屋内でも外の空気を感じられる間取りの家が人気を集めています。

わざわざ外に行かなくても外の雰囲気を楽しめたら、アウトドアがもっと楽しく身近になりますね。

 

 

アウトドアリビングのメリット

 

手軽に外の空気を吸える


 

 

【事例詳細】リビングとウッドデッキがつながるお家

 

アウトドアリビングの特徴としては、普通の庭とは違って建物と一続きになっていることが挙げられます。

わざわざ庭に出るとなると、玄関まで移動して靴を履き替えるなど、手間が掛かってしまうのがデメリットです。

しかし、ウッドデッキなどのアウトドアリビングならドアや掃き出し窓を一枚隔てればすぐに外に出られるので、動線が短く済みますね。

また、お子様やペットを安全に遊ばせられるので、親目線からも人気が高いです。夏にはビニールプールを出したり、テントを立ててキャンプごっこをしたり、使い方の幅が広がりますね。

 

 

気分がリフレッシュできる


 

 

【事例詳細】リビングとウッドデッキがつながるお家

 

寒い季節には特に、家の中が快適で外に出たくないと思ってしまいがちです。

しかし外に出て空を見上げ、肺いっぱいに新鮮な空気を吸うことは気分転換にもなっておすすめですよ。

ほかにも、ストレスが軽減される「セロトニン」の分泌が促進され、集中力を上げる効果が確かめられています。

また太陽光はビタミンDを生成し、骨を強くするなど身体を維持するのに欠かせない役割も果たします。

 

 

庭よりも活用しやすい


庭

広い庭は外からの見た目も良く、様々な使い方ができそうです。

しかし、ガーデニングやペットの遊び場にするつもりでも、なかなか思うように活用できていないケースは多いです。

その点、ウッドデッキやバルコニーなどのアウトドアリビングは、建物と一続きなので庭よりも便利に使えると人気が高まっています。

土の地面は雨の日のぬかるみ等が気になってしまいますが、雨対策が施されたアウトドアリビングなら快適に使えるでしょう。屋根付きの作りにしておけば、天候の良くない日でも関係なく活用できますよ。

 

さらに魅力的なアウトドアリビングにするには、フェンスで目隠しをする、夜も楽しめる照明器具を設置する、ハンモックを付けるなどもおすすめです。

 

アウトドアリビングの注意点

 

魅力的なアウトドアリビングですが、住まいに作る際には注意したいポイントもあります。

 

悪天候時の対策をしておく


バルコニー等にテーブルやチェア、テントを置いて使う場合も多いですが、雨や風の際の対策もしっかりしておきましょう。

もともと防水タイプの製品にしておけば、汚れてもサッと拭くだけで済みますね。また、台風や防風の際はすぐに収納できるよう、屋外用物置を併設しておくと慌てずに済みますよ。

 

定期的なメンテナンスを行う


とくにウッドデッキなど天然素材を使ったアウトドアリビングは、年に1度のメンテナンスが必要です。

防水塗装をしたり腐食部分を交換したりといったお手入れで、長くきれいに使いましょう。

また、虫害にも気を付けたいところです。メンテナンスの際、白アリが住み着いていないか確認しておけば安心ですね。

夏には蚊などが発生しやすいので、虫よけを設置する、水たまりを作らない等の対策がおすすめです。

 

 

アウトドアリビングの活用法

 

ウッドデッキ


 

 

【事例詳細】リビングとウッドデッキがつながるお家

 

広い庭のある敷地なら、一部をウッドデッキにするのがおすすめです。

こちらの事例では、リビングと一体で使える素敵な空間に仕上がっています。

リビングと床の高さを揃えることで、窓を開放するとリビングの面積が広がったようなダイナミックな空間になります。

BBQをする空間としても愛犬の遊びスペースとしても使え、休日には家族団らんの時間を過ごせそうですね。

 

 

バルコニー


 

 

【事例詳細】丘の上で贅沢に住まう 家族が一つになるこだわりプランの住宅

 

バルコニーは2階以上のフロアに設けられる屋外スペースで、採光がたっぷりと確保できて明るい空間です。

アウトドアリビングとしてバルコニーを活用するなら、LDKが2階に配置されている間取りなどがぴったりでしょう。

こちらの実例は高台に建つ住宅のため、市街を見下ろすような景色を最大限に活かしてバルコニーを設置しています。

屋外用のテーブルとチェアを設置しており、まるでリゾートのようなラグジュアリーな雰囲気に仕上がっていますね。

ゆったりと風を感じながら読書したり、お茶を飲んだりと、思い思いに過ごせます。

広々としたバルコニーと窓があることで、家の中まで明るさを取り込める素敵なプランニングとなっています。

 

 

中庭


 

 

【事例詳細】中庭が家族をやさしく包む家

 

中庭は建物の内部に設けられた、壁などで囲われている庭のことです。コの字型、ロの字型、L字型など様々なパターンが見られます。

こちらの実例写真のように周囲から中が見えない作りなら、プライバシーが保てて安心ですね。

風の通り道を作ったり、室内の明るさを確保できるという点から人気を集めています。

 

実例では、中庭を囲うようにリビング・和室・ダイニングを配置しています。

日常では、和室をお子様の勉強スペースとして使用しており、どこにいても気配が感じられるためコミュニュケーションが取りやすいようになっています。

 

外と繋がる和室

 

【事例詳細】屋外とつながる和室のあるお家

 

こちらは、中庭の中に和室があるような珍しい配置となっています。

外と繋がる和室スペースでは室内に居ながらにして外の空気を感じられ、落ち着いて過ごせますね。

あまり一般的な住宅にはない間取りですが、注文住宅なら思い通りのプランをじっくり考えることも可能ですよ。

 

 

まとめ

おうち時間が増えたことにより、間取りにアウトドアリビングを取り入れるケースが増えています。

庭よりも手軽に外の空気を感じられるので、アウトドアに触れる機会も多くなりそうですね。

健康的で快適な暮らしのためにも、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

アクティエでは、愛知県を中心に「ファミリー」「二世帯」「屋上庭園」「ガレージハウス」「平屋」など、様々なスタイルのお住まいをお手伝いしています。

「こんな暮らしに憧れている」「こんな形がいいなぁ」など、大まかなイメージでも大丈夫です。

お客様ご家族のこだわりやライフスタイルに寄り添って、満足な住まいを実現させるご提案をしています。


 

愛知県で、ご家族の暮らしにマッチするおしゃれで快適な新築を建てるなら、私たちアクティエにお気軽にご相談ください。

自由な発想と便利な機能を活かして、お客様ご家族が納得・満足のいく彩りある住まいをデザインしております。

 

 

愛知県内の大府・長久手・岡崎には、デザイナー渾身の自社モデルハウスもご用意しています。

住まいづくりの第一歩として、ぜひお気軽にご活用ください。

 

【モデルハウス情報】

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号