COLUMNS
コラム
安城市の土地価格相場情報をチェック

■安城市の土地は平均12万6862円/m2

安城市の土地購入の平均価格 12万6862円/m2 坪単価:41万9379円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 15万5071円/m2 坪単価:51万2632円
最も高い地域:三河安城 15万3437円/m2 坪単価:50万7231円

 

愛知県のほぼ中心部に位置し、県内第8位の人口を持つ安城市。ここでは、そんな安城市の土地相場情報を紹介していきます。

 

まず、安城市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、12万6862円/m2(坪単価:41万9379円)。

 

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)、愛知県内の平均が15万5071円/m2(坪単価:51万2632円)ですので、それらと比べると若干地価は低くなっています。とは言っても、愛知県の場合、名古屋市のみが県内平均を大きく上回り、それ以外の市はすべて平均以下になっていることは考慮に入れておくべきです。

 

市内には複数の路線が走っていますが、特に東海道新幹線、JR東海道本線、名古屋鉄道・名古屋本線といった各線の駅に近づくほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

 

地価をエリア別に分析すると、最も高額なのは三河安城エリアで15万3437円(坪単価:50万7231円)、次いで南安城エリア、北安城エリアで、このあたりは東海道新幹線の停車駅周辺として確固たるポジションをキープしています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「三河安城本町2丁目1番1外」で23万6000円/m2(坪単価:78万0165円)でした。

 

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は11万9759円/m2(坪単価:39万5898円)。商業地の平均価格は15万6357円/ m2(坪単価:51万6883円)となっています。

 

■ 日本のデンマーク、安城市

昭和27年市制を施工し、県内13番目の市として誕生した安城市。そんな安城市は「日本のデンマーク」の異名を持っています。これは、市域が明治用水のもたらす肥沃なエリアであることがデンマークの環境とよく似ている、と言われたことから来ています。

 

豊かな土壌を活かし、農業先進都市として発展してきた安城市ですが、近年では自動車産業を中心とした企業進出などによって住宅数も大きく増加し、急速な都市化が進んでおり、農業・工業・商業という産業バランスの良さが特徴となっています。

 

人口の推移を見ると、昭和45年には10万人に満たない数でしたが、現在ではおよそ倍の18万5千人に増加しています。

 

交通面では東海道新幹線、JR東海道本線、名古屋鉄道・名古屋本線が走っており、特にJRの三河安城駅や安城駅、名鉄の新安城駅近辺が市街中心地。これらの駅周辺では数多くの商業施設が開発されています。

 

名物イベントとしては、毎年夏に開催されている「安城七夕祭り」があります。宮城県仙台、神奈川県平塚と並ぶ日本三大七夕祭りで、期間中は100万人を超える人が訪れる大イベント。「1本の笹に吊るされた最も多い短冊」のギネス記録に挑戦し、世界一を達成しました。

 

市独自の取り組みとしては交通網整備の一環としての「エコサイクルシティ計画」があります。主要駅間の移動などにレンタサイクルを利用することでロスをなくし、また道路渋滞を減らす役割も担っています。こうしたレンタサイクルに放置自転車を再利用していることも興味深いポイントです。

 

■安城市の土地評価額の動向

過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に12万2311円/m2(坪単価:40万4334円)を付けていったんピークを迎えますが、そこから2010年までは下落傾向。2011年以降は2015年まで上昇を続けています。2105年の地価を対前年比で見ると、約1.16%の上昇がみられました。

10年間での価格の振れ幅は7000円/m2ほどで、目立った変化のあるエリアではないということです。

 

■安城市の地価ランキングは全国127位

それでは、改めて安城市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、127位にランクされており、愛知県内の順位は54市町村中、4位。また、対前年比の地価上昇率1.16%は全国で185位、愛知県内では18位でした。

 

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、県内では豊田市や丹波郡大口町、全国から探していくと、奈良市(奈良)、流山市(千葉)、上尾市(埼玉)などと近い数値となっています。

 

■総括

2027年にはリニア中央新幹線が開通予定です。安城市内にリニアの駅が設置されるという話はないものの、リニアを使えば東京から名古屋までの所要時間が約40分に短縮されると言われていますので、三河安城への実質所要時間は東京から約1時間となります(名古屋・三河安城間は東海道新幹線で約15分)。

 

これによって、今まで以上に安城市が活性化する可能性もあります。リニア開通を見据えた街づくりは、今後の地価動向のポイントとなってきそうです。

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号