COLUMNS
コラム
豊田市の土地価格相場情報をチェック

■豊田市の土地は平均9万1419円/m2

豊田市の土地購入の平均価格 9万1419円/m2 坪単価:30万2212円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 15万5071円/m2 坪単価:51万2632円

 

愛知県の中央北部に位置し、県内第2位の人口を持つ豊田市。ここでは、そんな豊田市の土地相場情報を紹介していきます。

 

まず、豊田市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、9万1419円/m2(坪単価:30万2212円)。

 

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)、愛知県内の平均が15万5071円/m2(坪単価:51万2632円)ですので、比較的地価は高くないエリアと言えそうです。とは言っても、愛知県の場合、名古屋市のみが県内平均を大きく上回り、それ以外の市はすべて平均以下になっていることは考慮に入れておくべきです。

 

市内にはJRの路線は走っておらず、名古屋鉄道と、愛知環状鉄道が走行しています。地価との関係を見てみると、名古屋鉄道・豊田線に近くなるほど、値段が上がる傾向がみられています。

 

平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「若宮町1丁目8番1外」で25万0000円/m2(坪単価:82万6446円)でした。ここは市内でも商業の中心となっているエリアで、豊田市駅からほど近い場所。2位、3位に続くのは挙母町で、これも新豊田駅から徒歩圏内のエリアです。

 

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は8万0489円/m2(坪単価:26万6081円)。商業地の平均価格は15万4557円/m2(坪単価:51万0935円)となっています。

 

■トヨタ自動車とともに歩む「クルマのまち」

その名の示すとおり、国内最大級の自動車メーカー「トヨタ自動車株式会社」とその創業者一族である豊田の姓を由来に持ち、企業城下町として近年発展を遂げてきたのが豊田市。現在では愛知県全体の17.8%を占める広大な面積を有していますが、もともとの豊田市は小さな市でした。

 

昭和26年に市制が施工された際は「拳母市」という名称で、これが豊田市の前身にあたります。このエリアに工場を構えていたトヨタは、町とともに順調な発展を遂げ、昭和33年には商工会議所から市長宛に市名変更の請願書が提出されることに。これを受けた議論の結果、翌年に拳母市は豊田市へと改称されました。

 

この間にも、昭和31年の西加茂郡高橋村を皮切りに隣接する町村との合併が繰り返され、平成17年の大合併を経て現在の市域となり、藤岡、下山、旭、豊田、小原、足助、稲武といった7つの地区に区分されています。

 

トヨタ自動車とともに歩んできたその歴史は、市自ら「クルマのまち」を自称するほど。市内に7つの自動車工場を持っており、市内の製造業で働く人の約85%が自動車関連産業に従事していると言われています。

 

市独自の取り組みとしては環境モデル都市「ハイブリッド・シティとよた」があります。自動車工場の多い市内ではCO2の排出量が多くなるため、「低炭素社会モデル地区」を設定し、環境技術の実証実験が行われています。

 

一例として挙げられるのは都市交通システム「Ha:mo RIDE」の導入。これは駅や会社から病院や役所に向かう際など、ちょっとした移動に小型のモビリティ(小型EV自動車)を使用することで、環境面・経済面・スペース面で成果を上げようという試みです。

 

■豊田市の土地評価額の動向

過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に8万9280円/m2(坪単価:29万5141円)を付けていったんピークを迎えますが、そこから2010年までは下落傾向。2011年以降は2015年まで上昇を続け、過去10年での最高価格を付けています。2105年の地価を対前年比で見ると、約1.29%の上昇がみられました。

とは言っても、10年間での価格の振れ幅は約1万7000円/m2ほどで、目立った変化のあるエリアではないということができそうです。

 

■豊田市の地価ランキングは全国194位

それでは、改めて名古屋市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、194位にランクされており、愛知県内の順位は54市町村中、17位。また、対前年比の地価上昇率1.29%は全国で171位、愛知県内では17位でした。

 

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、県内では豊橋市や清須市、全国から探していくと、西多摩郡瑞穂町(東京)、北本市(埼玉)、飯能市(埼玉)、大津市(滋賀)などと近い数値となっています。

 

■総括

トヨタ自動車の企業城下町として栄える豊田市だけに、その地価の動向は良くも悪くも企業の業績に左右されます。2015年は円安の値動きによってトヨタ自動車の業績も良好に。従業員の所得も改善傾向にあるため、住宅の取得意欲も高まり、住宅地エリアの地価は上昇傾向にあるようです。

 

今後も円安が続くようであれば、自動車メーカーとしてトヨタ自動車の好調な業績は担保されると考えられますので、地価も上昇トレンドになっていくと予想されます。

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号