土地コラム

日進市の土地価格相場情報をチェック

■日進市の土地は平均11万5369円/m2

日進市の土地購入の平均価格

115369/m2

坪単価:381387

(全国平均)

149978/m2

坪単価:495796

(同県(都)平均)

155071/m2

坪単価:512632

最も高い地域:日進駅

116375/m2

坪単価:384710

名古屋市の東部と隣接し、約35km2の面積を有する日進市。ここでは、そんな日進市の土地相場情報を紹介していきます。

ま ず、日進市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自 に算出されているデータです。平成27年で見てみると、11万5369円/m2(坪単価:38万1387円)となっています。

平成27年の 全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)、愛知県内の平均が15万5071円/m2(坪単価:51万2632円)ですので、それら と比べると若干地価は低くなっています。とは言っても、愛知県の場合、名古屋市のみが県内平均を大きく上回り、それ以外の市はすべて平均以下になっている ことは考慮に入れておくべきです。

市内には名古屋鉄道・豊田線(名古屋市営地下鉄鶴舞線と相互乗り入れ)が走り、赤池、日進、米野木という3つの駅があります。地価はこの路線に近づくほど上がっていく傾向が見られます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは日進駅エリアで11万6375円(坪単価:38万4710円)、次いで赤池、岩崎町となっています。平成27年 の公示地価で最も高額だったのは、「赤池3丁目706番」で15万1000円/m2(坪単価:49万9173円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は11万2868円/m2(坪単価:37万3118円)。商業地の平均価格は14万6333円/ m2(坪単価:48万3746円)となっています。

■名古屋にほど近い住宅・学園都市、日進市
いまの日進市のエリアにはもともと、香久山村、白山村、岩崎村という3つの村がありました。後にこれらが合併して昭和33年に日進村が誕生。平成2年に人口が5万人を突破したことを受け、平成6年に市制施行。日進市となっています。

愛知県の商業的な中心地である名古屋市からは市営地下鉄鶴舞線でアクセス可能。丸の内駅や伏見駅から赤池駅まで、かかる時間は30分弱です。

自 動車産業をリードするトヨタ自動車の機能が集積する豊田市に隣接していることから、住宅都市としての性格を持ち、特に高度経済成長期には目覚ましく人口を 伸ばしました。現在でも人口は増加しており、隣接する長久手市とともに、県内の人口増加率、増加数をリードしています。

また、市内には短期 大学部を含めた6大学があるのも特徴。日進市としても、大学が持っている人材や知的財産、学生の力などの資源を活用することで、住宅都市としての成長を目 指しています。例としては、市の20周年記念誌作成などは、デザイン・レイアウト作業やライティング作業、撮影などを学生に委託して行われました。

市独自の取り組みとしては、子どもにやさしいまちづくりの推進を目指して、平成22年に「日進市未来をつくる子ども条例」が施行されています。これは、子供の権利を守るための条例で、具体的な活動としては、いじめや虐待防止のプログラムなどが行われています。

■日進市の土地評価額の動向
過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に11万2133円/m2(坪単価:37万0688円)を付けていったんピー クを迎えますが、そこから2012年までは下落傾向。2013年以降は2015年まで上昇を続け、過去10年での最高価格を付けています。2015年の地 価を対前年比で見ると、約3.52%の上昇がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約1万5000円/m2ほどで、目立った変化のあるエリアではないということが言えそうです。

■日進市の地価ランキングは全国143位
それでは、改めて日進市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、143位にランクされており、愛知県内の順位は54市町村中、6位。また、対前年比の地価上昇率3.52%は全国で56位、愛知県内では2位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、県内では知立市や岩倉市、全国から探していくと、八千代市(千葉)、安芸郡海田町(広島)、三郷市(埼玉)、駿東郡清水町(静岡)などと近い数値となっています。

■総括
ここ最近で全国でもトップクラスの地価上昇を見せる名古屋エリア。名古屋市に隣接する日進市もその恩恵あってか、好調な伸び率となっています。特に基幹産 業となる自動車産業が好調なこともあって、それに従事する人の住宅地としても親しまれる日進市の地価は安定しています。

また、2027年に予定されているリニア中央新幹線の開通によって、名古屋周辺が経済的に活発化すれば、これまで以上に地価が上昇することも考えられますので十分注意したいところです。

コラム記事一覧へ