蒲郡市の土地価格相場情報をチェック | アクティエ

土地コラム

蒲郡市の土地価格相場情報をチェック

■蒲郡市の土地は平均7万2821円/m2

蒲郡市の土地購入の平均価格

72821/m2

坪単価:240731

(全国平均)

149978/m2

坪単価:495796

(同県(都)平均)

155071/m2

坪単価:512632

愛知県東三河地域の南西部に位置し、三河湾に面した蒲郡市。ここでは、そんな蒲郡市の土地相場情報を紹介していきます。

ま ず、蒲郡市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自 に算出されているデータです。平成27年で見てみると、7万2821円/m2(坪単価:24万0731円)となっています。

平成27年の全 国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)、愛知県内の平均が15万5071円/m2(坪単価:51万2632円)ですので、それらと 比べると半値以下と割安となっています。とは言っても、愛知県の場合、名古屋市のみが県内平均を大きく上回り、それ以外の市はすべて平均以下になっている ことは考慮に入れておくべきです。

平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「神明町1-2」で11万8000円/m2(坪単価:39万0082円)でした。市内にはJR東海道本線や名古屋鉄道・蒲郡線が走っていますが、特に東海道本線の路線に近づいていくほど地価は上がっていく傾向が見られます。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は6万9561円/m2(坪単価:22万9956円)。商業地の平均価格は9万1288円/ m2(坪単価:30万1781円)となっています。

■温暖な気候で晴天率の高い蒲郡市
本州のちょうど真ん中あたり、愛知県内の三河湾に面した蒲郡市は温暖な気候で知られ、年間を通して10%ほどしか雨の日がないというほど、晴天が多い市で す。昭和29年に市制施行した当時は5万人弱という人口ですが、昭和60年に約8万5000人をピークとして平成12年まで減少傾向が続き、その後は横ば いに。現在は約8万1000人となっています。

約8500年前には人が住み始めたと言われるエリアですが、平安時代には既に織物が作られていたという記録が残っており、これが江戸時代には「三河織物」として一大名産に。現在でも伝統産業として、その技術は連綿と受け継がれています。

温暖な気候を活かしたフルーツ栽培も盛んであり、特にハウスみかんの生産量は日本でも有数。市内には蒲郡オレンジパークという農業と観光を結びつけた施設があり、みかん狩りのほか、季節によってメロン狩りやぶどう狩り、いちご狩りなどを楽しむこともできます。

市内にはJR東海道本線や名古屋鉄道・蒲郡線が走り、合計9つの駅があります。特に蒲郡駅周辺では再開発が進んでいるようです。市内には高速道路は走っておらず、最寄りのICとして東名高速自動車道の音羽蒲郡ICがありますが、これは隣の豊川市に属しています。

観 光スポットとしては市営の競艇場「BOAT RACE 蒲郡」が有名で、ナイターレースが行われることで親しまれています。また、湾に面した立地を活かしたリゾート施設「ラグーナテンボス」があり、長崎県佐世 保市の「ハウステンボス」とは姉妹施設。テーマパークやリラクゼーションなどが人気です。

■蒲郡市の土地評価額の動向
過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2006年に8万1255円/m2(坪単価:26万8613円)を付けて以降下がり続け ており、2011年のみ0.02%の上昇はあったものの、そのほかの年の地価上昇率はすべてマイナスとなっています。2015年の地価を対前年比で見る と、約0.79%の下落がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約8400円/m2ほどで、目立った変化のあるエリアではないということができそうです。

■蒲郡市の地価ランキングは全国255位
それでは、改めて蒲郡市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、255位にランクされており、愛知県内の順位は54市町村中、34位。また、対前年比の地価上昇率-0.79%は全国で579位、愛知県内では44位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、県内では碧南市や知多市、全国から探していくと、御殿場市(静岡)、南足柄市(静岡)、足柄下郡真鶴町(神奈川)、加古郡播磨町(兵庫)などと近い数値となっています。

■総括
ここ10年間の値動きをみると、ゆるやかに下落している蒲郡市ですが、再開発やテーマパークの刷新など、随所に上昇に転じそうな動きも出ています。市内の 観光施設「ラグーナ蒲郡」はテコ入れが図られ「ラグーナテンボス」として再始動。ホテルの開発も予定されており、観光客が上手く取り込めれば、地価にも影 響が出てきそうです。

一方で、マリンスポーツのメッカとしての立場から、東京オリンピック・セーリング会場の誘致活動を進めていましたが、 残念ながらこちらは落選。オリンピックによる経済効果の恩恵は少なくなりましたが、市の中心街である蒲郡駅周辺では再開発の動きもあり、これによる地価上 昇が見込まれます。

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号

コラム記事一覧へ