COLUMNS
コラム
一宮市の土地価格相場情報をチェック

濃尾平野の中央部、岐阜県との県境に位置する一宮市。ここでは、そんな一宮市の土地相場情報を紹介していきます。

■一宮市の土地は平均8万5072円/m2 

一宮市の土地購入の平均価格 8万5072円/m2 坪単価:28万1232円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 15万5071円/m2 坪単価:51万2632円
最も高い地域:尾張一宮/名鉄一宮 12万3977円/m2 坪単価:40万9843円

まず、一宮市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、8万5072円/m2(坪単価:28万1232円)。

平 成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)、愛知県内の平均が15万5071円/m2(坪単価:51万2632円)ですの で、それらと比べると若干地価は低くなっています。とは言っても、愛知県の場合、名古屋市のみが県内平均を大きく上回り、それ以外の市はすべて平均以下に なっていることは考慮に入れておくべきです。

市内にはJR東海道本線と名古屋鉄道・名古屋本線、尾西線が走っており、これら各線の駅に近づくほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

地価をエリア別に分析すると、最も高額なのは尾張一宮/名鉄一宮エリアで12万3977円(坪単価:40万9843円)となっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「一宮市栄3-7-18」で25万2000円/m2(坪単価:83万3057円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は7万0255円/m2(坪単価:23万2248円)。商業地の平均価格は11万4742円/ m2(坪単価:37万9313円)となっています。

■地方創生を掲げる毛織物の街、一宮市

岐阜県との県境に面し、愛知県側では江南市・岩倉市・稲沢市と、岐阜県側では羽島市・鏡原氏と隣接する一宮市。この市域は真清田(ますみだ)神社の門前町として栄えてきたエリア。一宮の由来はこの神社が平安時代に尾張国の「一の宮」だったことからきています。

現在の一宮市が完成したのは平成17年のことで、旧・一宮市、尾西市、木曽川町が合併して市制施行しました。これにより面積は約114km2となり、人口は約38万人で県内3位にランクされています。

JR 東海道本線と名古屋鉄道・名古屋本線、尾西線が走っており、市外へのアクセスは比較的容易。名古屋駅へはJRと名鉄どちらでもアクセス可能で、約10 分~15分程度です。また、自動車面での便もよく、東名・名神高速道路や名古屋高速道路、東海北陸自動車道それぞれのインターがあります。

こ のエリアは明治時代の濃尾大地震で甚大な被害を受けたのですが、これを機にウールの大規模な生産を開始。「尾州」は毛織物産業の一大ブランドとして成長 し、経済発展に大きく貢献してきました。現在でも生産量は全国一。FDC(一宮地場産業ファッションデザインセンター)を中心に、オリジナルの商品開発や トレンドを意識したものづくりなどで、さらなる成長を目指しています。

観光スポットとしては、前述の真清田神社のほか、木曽川の豊かな自然 を生かした公園が豊富。その代表的な例が138タワーパークで、この公園には市のアイコンとなっている高さ138メートルを誇る展望塔「ツインアーチ 138」が設置されているほか、花畑や花の迷路などで市民に親しまれています。

行政としては「コンパクトな街づくり」をベースに「地方創世」を掲げており、平成24年に完成した尾張一宮駅前ビル(i-ビル)は、その象徴ともいうべき複合施設となっています。

■一宮市の土地評価額の動向

過 去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2006年の9万1652円/m2(坪単価:30万2982円)から2010年まで下がり 続けています(遡ると、2000年から下がり続けている)。2011年にわずかに上昇に転じたものの、翌年には再び下がるなど微増・微減が続いています。 2015年の地価を対前年比で見ると、0.61%の下落がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は7000万円/m2ほどで、目立った値動きのなかったエリアと言えそうです。

■一宮市の地価ランキングは全国212位

それでは、改めて一宮市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、212位にランクされており、愛知県内の順位は54市町村中、23位。また、対前年比の地価情報率-0.61%は全国で530位、愛知県内では43位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、県内では海部郡蟹江町や高浜市、全国から探していくと、白岡市(埼玉)、香芝市(奈良)、八幡市(京都)、北足立郡伊奈町(埼玉)などと近い数値となっています。

■総括

一宮市の中心市街地は東海道本線、名鉄・名古屋本線、名鉄・尾西線が乗り入れる「尾張一宮駅/名鉄一宮駅」周辺。このエリアでは近年「尾張の歴史と文化の薫る コンパクトで密度の高い 歩いて暮らせる 歩いて楽しいまち」というコンセプトで再開発が取り組まれています。

平成に入って商業施設が減少傾向にあったエリアですが、この再開発によって平成24年には尾張一宮駅前ビル(通称i-ビル)が完成。スーパーや飲食店などがテナントとして入っているほか、図書館やシビックホールも入っており、市の新たなアイコンとして活躍中。

こういった再開発進んでいくことで街が活性化していけば、今後の地価上昇にもつながると考えられます。

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号