COLUMNS
コラム
高断熱の家なら吹き抜け階段がおすすめなワケ|愛知県の建築実例
吹き抜け階段の踊り場

最近の住宅は高断熱化が進んでいるため、昔の家より間取りの自由度も上がっています。そこで今回ピックアップするのは、おしゃれで便利な吹き抜け階段の間取り。

今回は吹き抜けと階段を組み合わせたおしゃれな新築実例を中心に、メリットや相性の良い間取りについても解説します。これから新築を建てるなら、ぜひ選択肢の一つとして検討してみて下さい。

 


目次
■令和時代は吹き抜け階段がおすすめ
■吹き抜け+階段のおしゃれな新築実例
■吹き抜け+階段のメリット
■吹き抜け階段と相性の良い間取り


 

■令和時代は吹き抜け階段がおすすめ

おしゃれな吹き抜け階段

日本の住宅は断熱性能を重視してこなかったため、冷暖房効率が悪くなる吹き抜けなどの間取りは避けられてきました。しかし、地球環境に配慮し断熱性能がアップしている現代の住まいは、大空間のデメリットも昔ほどありません。間取りの自由度がアップし、使い勝手やデザイン性を重視することができるようになってきています。

少し前まではテレビや雑誌で見かけるデザイナー住宅の専売特許だった吹き抜け階段の間取りも、一般的に採用しやすくなっています。リビングの空間を一気におしゃれにできる吹き抜け空間は、デザインにこだわるならぜひ検討したい間取りの一つです。

 

■吹き抜け+階段のおしゃれな新築実例

おしゃれな吹き抜け階段の写真をチェックしながら、間取りやデザインのアイデアを取り入れてみましょう。それぞれの詳細ページに住まい全体の間取りが分かる写真とデータもご用意していますので、そちらもぜひどうぞ。

 

明るい吹き抜け階段とリビング

小さく上がる踊り場で吹き抜け階段の方向を調整し、リビングダイニングへの圧迫感を抑えたレイアウト。スケルトンデザインにすることで、踊り場や階上からの光と風を十分に届けてくれます。

 

【詳細】玄関共有型の3階建て+エレベーター付き2世帯住宅

 

明るく開放的な吹き抜け階段

壁のないスケルトン階段は、圧迫感を無くしておしゃれに仕上げやすい人気のデザイン。ホワイトのベースカラーにダークカラーのアクセントをチョイスし、空間を引き締めています。

吹き抜けの二階にある大きな窓

吹き抜け上部の大きな窓からはたっぷりの自然光が入り、明るいリビングに。

 

【詳細】ダウンリビング・吹き抜けなど、空間やつながりを意識した素敵な住まい

 

 

吹き抜け階段下のテレビスペース

階段下のスペースを収納やテレビスペースとして活用している、効率的なリビング配置です。

リビング上の趣味スペース

吹き抜けを登った先には、リビングと程よく切り離されたプライベートスペースを設置。お互いの息遣いを感じながら、それぞれの時間を過ごせるバランスの良い間取り例です。

 

【詳細】モデルハウスのかっこいい自宅でも。ダイナミックな開放感が魅力的なお家。

 

リビングと隣接した吹き抜け階段

リビングと直接つながる間取りながら、階段のみ吹き抜けにして緩やかにゾーニングしたレイアウト例です。2Fの明るさを階下に届けるメリットと、プライバシーを両立させる工夫です。

吹き抜け階段に設置したワークスペース

明るくて開放的な吹き抜け階段の途中に設けたデスクスペースは、リビングを見渡しながらお仕事にも集中できる間取り。

 

【詳細】アイランドキッチンで生活動線がラクラク!過ごしやすい快適住まい

 

さりげないデザインの吹き抜け階段

吹き抜けの階段をデザインウォールでさりげなく隠し、すっきりしたリビングの見た目を確保しています。階段を見せておしゃれに仕上げるだけでなく、あえて目立たなくするのも一つの手段です。

 

【詳細】デザインと機能性を両立させた住まい

 

■吹き抜け+階段のメリット

開放的な吹き抜け階段の間取り

一般的な廊下と階段の組み合わせではなく、吹き抜け階段にするメリットをご紹介します。

 

・階下に光を届ける

廊下に設置する通常の階段は、踊り場や2Fの光をあまり1Fに届けてくれません。大きな吹き抜けと階段を組み合わせた開放的な間取りは、リビングにたっぷりの自然光を届けて明るい空間にしてくれます。階段自体も明るくなるため、転倒事故を防ぎやすくなる点も見逃せないメリットです。特にリビングに大きな窓を設置するのが難しい場合などに有効な間取りです。

 

・解放感が生まれて広く見える

壁に囲まれた一般的な階段はただの通路といった印象で、ちょっとした閉塞感がありますよね。吹き抜けと組み合わせると階段自体が開放的になるうえ、リビングも広く見えるのは大きなメリット。廊下を省略できる分、実際にリビングを広げることができるのも魅力的なポイントですね。

 

・風通しが良くなる

1Fと2Fがつながることで高低差のある風の通り道が生まれ、効率的に換気できる間取りを作りやすくなります。冷暖房を使わない春・秋に気持ちよく過ごせるのはもちろん、エアコンやストーブ使用時の換気をしやすいのもメリットです。現代の住まいは24時間換気が義務付けられていますが、自然の風が生み出す空気感があると気持ちよく過ごせますよ。

 

・おしゃれに仕上げやすい

壁に囲まれた階段はデザインのバリエーションが少なく、ただの「移動するためだけの間取り」になるためあまり意匠性は高くありません。吹き抜けと組み合わせて踏板や手すりにもこだわれば「魅せる階段」になるため、階段自体をおしゃれなインテリアにすることも可能。

配置や材質でお部屋の印象を大きく変えることもできますので、デザインにこだわりたい方におすすめです。

 

・家族のコミュニケーションを取りやすい

吹き抜け階段のレイアウトは、移動する家族の様子が分かるのが特徴です。家の中でお互いの時間を過ごしながらも様子が分かり、顔を合わせる機会が増えるためコミュニケーションを取りやすいのがメリット。子供部屋に向かうお子さんの様子が分かれば、体調不良や悩みにも早めに気付いてあげることができます。家族同士でケンカしてしまったときも、自然に顔を合わせることで早く仲直りできるかもしれません。

 

■吹き抜け階段と相性の良い間取り&デザイン

大きな吹き抜け階段

リビングや玄関の吹き抜け階段を組み合わせたい、人気の間取りやデザインをピックアップしました。

 

・大きな窓

吹き抜け階段の踊り場や2Fに設ける大きな窓は、階下にたっぷりの自然光を届けてくれるおすすめのデザイン。デザイン性の高いFIX窓なら意匠性アップにもつながり、開閉できる窓にすれば風通しもよくなります。

 

・おしゃれな照明

縦の空間を強調する吹き抜け階段のレイアウトは、アクセントにおしゃれな照明を選ぶのもおすすめです。スッキリデザインの間接照明でまとめるのもおしゃれですし、豪華なシャンデリアも良く映えてくれます。吹き抜けだと蛍光灯やLEDの交換が大変なイメージがありますが、電動昇降タイプの照明を選べば手間もかかりません。

 

・シーリングファン

意匠性と機能性を兼ね備えたシーリングファンも、吹き抜け階段と相性のよい設備です。天井の高いレストランやホテルでよく見かけるため、お部屋に高級感をプラスすることができます。お部屋全体の空気をかき混ぜて、冷暖房効率を良くして快適に過ごせるのも大きなメリット。

 

・スケルトン階段

圧迫感がなくデザイン性が高いスケルトン階段は、吹き抜けで採用例の多い人気のデザイン。すき間から光が届くため、一階を明るく仕上げたいときにもおすすめです。踏板や手すりが良く見えるため、カラーや材質でお部屋の印象を大きく変えることもできます。

 

・応接/ワークスペース

明るくて風通しも良い吹き抜け階段の踊り場は、在宅ワークをこなすデスクスペースとしてもおすすめの場所。リビングからの目線を遮るレイアウトなら、仕事関係の来客を迎える応接スペースとしても活用できます。

 

■まとめ:吹き抜け+階段でおしゃれな住まいを目指しましょう。

今回は吹き抜け階段のおしゃれなレイアウト事例を中心に、おすすめの間取り例などをご紹介しました。住まいの断熱性が上がって自由な間取りづくりが可能になった現代、リビング階段はこだわり派の方にとてもおすすめのデザインです。

アクティエはたくさんの吹き抜け階段レイアウトをお手伝いしてきた実績をもとに、お客様のイメージにピッタリなプランをご提案します。使い勝手・利便性・快適性すべてに妥協しない、理想の住まいづくりを一緒に進めてみませんか?ここでご紹介した以外にもたくさんの施工事例がありますので、そちらもぜひご覧ください。

 

【アクティエの施工事例一覧】

おしゃれなLDK

ダウンリビング・吹き抜けなど、空間やつながりを意識した素敵な住まい

スタイリッシュモダンなお部屋

こだわりの防音室がある、モダンスタイルのお家

落ち着くリビングの間取り

遊び心満載のデザイン、かつ落ち着ける快適住まい

 

 

愛知県の大府・岡崎・長久手には、実際の間取りを体感して頂ける自社モデルハウスもご用意しています。住まいづくりの参考に、ぜひご活用ください。

【モデルハウス情報】

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号