土地コラム

新築のモダン和室をおしゃれにコーディネート|愛知県の注文住宅間取り実例
赤いアクセントのモダン和室

現代の新築住宅にピッタリのおしゃれなモダン和室をご紹介します。

実際のモダン和室実例を写真付きで解説、おしゃれに仕上げるコツや便利な活用方法もお伝えします。

オリジナリティの高いマイホームづくりを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

 


目次
■新築にあえてつくるモダン和室
■おしゃれなモダン和室のある新築間取り実例
■モダン和室をおしゃれに仕上げるコツ
■新築和室の便利&おしゃれな活用方法
■モダン和室のよくあるギモン


 

■新築にあえてつくるモダン和室

シンプルなモダン和室

和室に古いイメージを抱く方は多いと思いますが、最近は現代的なイメージのおしゃれなモダン和室も増えています。

洋室に合うカラー畳やヘリなし畳などバリエーションが増え、さまざまなデザインテイストにマッチするようになったのも理由の一つ。

和室は家事・子育て・応接など多目的に使える便利な間取りですが、住まいをおしゃれに仕上げる目的で採用する方も増えています。

住まいのデザインを考えていて「何か物足りないな」と感じた時の選択肢として、ぜひ検討してみてください。

 

■おしゃれなモダン和室のある新築間取り実例

実際の新築住宅につくった、おしゃれなモダン和室間取りの写真を見ていきましょう。

それぞれの詳細ページには住まい全体の写真もありますので、気になる写真はそちらもぜひチェックしてください。

 

事例①

リビング内のモダン和室

広いLDKの中に、一段上がったオープンスタイルのモダン和室を設けました。

同じ空間でありながら緩やかにゾーニングすることで、さまざまな使い方に対応できるスペースに。

 

キッチンから和室が見えるレイアウト

お子さんが遊んだりお昼寝したりしているときも、リビングやキッチンから目が届いて安心です。

 

【生活動線を意識した、こだわりあふれる快適住まい】

 

 

事例②

ヘリなし畳とダウンライトのモダン和室

ヘリなし畳とおしゃれな照明にこだわった、現代的なデザインの和室です。

大きな掃き出し窓でウッドデッキとつながり、コンパクトなお部屋に解放感を生み出しています。

 

外から見たモダン和室

 

【屋外とつながる和室のあるお家】

 

 

事例③

ホワイトにまとめたモダン和室

ホワイトに統一した内装と2色使いの畳がとてもおしゃれな和室です。

たっぷり自然光が入る掃き出し窓とは別に、コンパクトな地窓を設けているのもおしゃれポイント。プライバシーを守りつつ、外の景色をさりげなく見ることができます。

 

【デザイナーズ家具と調和したスタイリッシュ住宅】

 

 

 

■モダン和室をおしゃれに仕上げるコツ

 

・照明にこだわる

間接照明がおしゃれなモダン和室

一昔前の和室は吊り下げ型の照明が主流でしたが、おしゃれなモダンスタイルに仕上げるなら照明選びにこだわりましょう。

現代的なイメージを出すなら、ダウンライトや間接照明を使うのがおすすめ。さりげなく上品な印象をつくりやすく、スタイリッシュなモダンスタイルにピッタリです。

 

・スタイリッシュなヘリなし畳を使う

ヘリなし畳のスタイリッシュな和室

モダン和室をつくるなら、古いイメージが少ないヘリなし畳を使うのが基本です。

正方形のヘリなし畳は和テイストが控えめで、現代的なモダン和室との相性が良好。グリーン以外のカラーも豊富にありますので、お部屋のテイストに合わせてチョイスすることができます。

 

・洋室とカラーを揃える

洋室とカラーをそろえたモダン和室

リビングと隣接する和室レイアウトの場合、洋室とテイスト・カラーを統一するのもおしゃれテクニックの一つです。

特にリビング内の小上がり和室の場合、リビング内のアクセントにもなりオリジナリティのあるお部屋に仕上がります。和モダン以外の洋室テイストにもなじませることができますので、ぜひおしゃれな和洋折衷デザインを考えてみましょう。

 

■新築和室の便利&おしゃれな活用方法

おしゃれで便利な新築和室

 

・子育てスペース

カーペットやラグを敷かずに直接横になれる畳の間取りは、子育て面で非常に使い勝手が良いお部屋です。

お昼寝・授乳などの過ごし方もスムーズですし、フローリングよりクッション性のある畳なら転びやすい赤ちゃんでも安心♪リビング内の畳小上がりなら、家事や在宅ワークをこなしながらお子さんの様子が見えるので子育て世代の方におすすめです。

 

・アイロンかけなど家事スペース

フローリングの洋室だと意外と困るのが、アイロンがけや洗濯物を畳むスペースの確保。座っても膝や足が痛くならない畳の和室は、家事をこなすスペースにもピッタリです。

押し入れやクローゼットをつくっておけば、アイロン台などのアイテムもサッと取り出して効率良くこなせます。

 

・定期的な在宅ワークスペース

在宅勤務のデスクスペースを設けるのが難しい場合も、和室があると座椅子とローテーブルで対応することができます。普段はほかのスペースとして使い、サッと在宅ワークスペースに切り替えることができるため、曜日や期間限定のリモートワークにもおすすめ。

疲れたら横になって仮眠したり、ストレッチをしたりとリフレッシュできるのもワークスペース向き。

 

・大切なお客さまの応接間

和室はテーブルと座布団でお客さんと向かい合うことができるため、大切な話をするお客さんを招く応接間にも使えます。

ソファとテーブルのリビングだと向かい合えませんし、ダイニングテーブルに座ってもらうのも少し気兼ねしますよね。和室はお客さんをもてなす印象もあり、失礼にならないのがメリット。

座布団の数で複数人のお客さんに対応できる点も良いですね。来客が多いご家庭では、和室は非常に活躍する間取りです。

 

■モダン和室のよくあるギモン

スタイリッシュなモダン和室

 

・畳のメンテナンスは大変?

 

 

天然素材である畳は使っているうちに劣化するためメンテナンスが必要ですが、費用・手間ともにそれほど大きな負担にはなりません。

3~5年程度で畳のい草を裏返しにして、10年前後で交換するのが目安です。材質やお店にもよりますが、一枚当たりの費用は数千円からです。フローリングも定期的なワックスがけやコーティングが必要になるため、メンテナンス負担はそれほど変わらないでしょう。

最近は耐摩耗性に優れる樹脂製の畳などもありますので、メンテナンスサイクルを伸ばすこともできます。

 

・棚や家具を置いても大丈夫?

柔らかい素材でできている畳は、同じ場所に長期間家具を置くと凹むのが心配ですよね。

これから新築に和室を考える場合は、造り付けの収納で畳に家具を置かないようにするのがおすすめです。

せっかくおしゃれに仕上げたモダン和室は、できるなら市販の棚や家具を置かずスッキリ見せた方が素敵です。畳の凹みもつかずメンテナンス費用も抑えられますので、和室内に収納をつくる方向で考えてみましょう。

 

・畳のダニやカビが気になるのですが…

昔の和室で暮らしたことがある方は、ダニやカビの発生も気になるポイントだと思います。結論としては、現代の和室は昔よりカビ・ダニが発生しにくくなっています。

昔の畳にカビが生えやすかったのは、床下の土から湿気が発生しやすい「布基礎」と呼ばれる構造が原因です。現代の新築はコンクリートで全面覆われた「ベタ基礎」が基本なので、カビの原因となる湿気が溜まりにくいのが特徴。昔の和室ほど心配はいらないでしょう。

 

■まとめ:おしゃれなモダン和室の新築づくりは、アクティエにご相談ください。

おしゃれで使い勝手の良いモダン和室は、子育て・在宅ワーク・家族の団らんなどさまざまなシーンで活躍してくれます。

オリジナリティの高いデザインを求める方は、ぜひ選択肢の一つとして検討してみてください。

モダン和室をおしゃれに仕上げるなら、デザインの自由度が高いハウスメーカーを選びましょう。

私たちアクティエはお客様のイメージに合わせたデザインで、理想のマイホームづくりをサポート。

ここではご紹介しきれないたくさんの施工事例も公開していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

【施工事例一覧】

 

愛知県内の大府・長久手・岡崎には自社設計のモデルハウスもございます。間取りデザインを体感いただきながら住まいづくりをご相談いただけますので、こちらもお気軽にご利用ください。

 

【モデルハウス情報】

コラム記事一覧へ