COLUMNS
コラム
【新築】憧れのアイランドキッチンのある間取りとは|メリットや注意すべきポイントを徹底解説します
アイランドキッチンにあるリビング

「新しいお家では、広々としたキッチンでお料理がしたい!」など、たくさんの夢や希望がありますね。そんな願いを叶えてくれるキッチンが、「アイランドキッチン」です。

アイランドキッチンは、「家族との時間を大切にしたい」方などを中心に人気の高いキッチンスタイルです。

でも実際にアイランドキッチンを新しい住まいに取り入れたとき、「どのくらいの広さが必要なの?」「どんな魅力があるの?」「選んで後悔はしないの?」など、たくさんの疑問点や不安な部分があるのも正直な所でしょう。

今回は家づくりの中でも注目度の高いキッチンスペースから、「アイランドキッチン」にクローズアップしてみましょう。あなたの家づくりの参考にお役立てください。

 

コラムのポイント
  • キッチンレイアウトにより、キッチンでの過ごし方や使い勝手も大きく変化します。アイランドキッチンの魅力や注意点を知ることができます。
  • アイランドキッチンをセレクトする際に、取り入れたいアイデアをご紹介します。自分たちのライフスタイルと照らし合わせて、シミュレーションしてみましょう。

 

 

 

使いやすい理想的なキッチンとは?どんな間取り・レイアウトなの?

光の降りそそぐキッチン

ひとことで「キッチン」と表していますが、キッチンスペースをどう間取りに取り入れるのかにより「使い勝手」や「快適性」にも違いが現れます。

アイランドキッチンを含めI型、Ⅱ型、ペニンシュラ型など様々な種類がありますが、大きく分けてキッチンスペースは、

の3つに分けることができます。それぞれのキッチンレイアウトにはどのような特徴があるのか。まずは「使いやすい理想的なキッチン」について見ていきましょう。

 

○ 独立キッチン


独立スタイルのキッチン

出典:TOTO

独立型キッチンとは、キッチンスペースが「個室」のような空間になっています。そのため「お料理に集中しやすい」「キッチンの匂いが他の空間に広がりにくい」「来客時でも人の目に入りづらい」などの特徴があります。

またキッチン自体が独立した空間となるため、どうしても「リビングなどとの距離ができてしまう」部分はデメリットといえるでしょう。

 

 デメリットを改善するアイデアとして、「個室としての良さを伸ばす」ことも方法のひとつです。例えば、キッチン空間に「自由に使えるスペース」を設置することで、趣味にも。ちょっとしたテレワークにも活用できる空間を作ることも可能です。

 

○ オープンキッチン


オープンキッチン

出典:LIXIL

オープンキッチンとは、独立式とは正反対に「壁などの仕切りを設けず、他の空間と同じスペースにキッチンを配置する」スタイルです。キッチンと他の空間の距離が近いことから、家族とのコミュニケーションも取りやすくなります。

その反面、「キッチンでの匂いや煙などがリビングなどにも伝わってしまう」「キッチンの散らかりや汚れが見えてしまう」などの部分はデメリットといえるでしょう。

 

キッチン内の散らかりや汚れなどへの視線が気になる場合は、キッチンのサイドなどに「目隠しを設置する」ことも方法のひとつです。

立ち上がりのカウンターやキッチンを腰壁で囲ったりするなど、オープンキッチン自体の持ち味である開放感をとのバランスを考えつつ取り入れていきましょう。

 

○ セミオープンキッチン


セミオープンキッチン

出典:TOTO

セミオープンキッチンは、「コンロ前の壁や吊戸棚などで部分的にリビングとの仕切りを設ける」スタイルになります。家族との距離感も近く、収納なども作りやすい部分は特徴のひとつです。

オープンキッチンで感じられる開放感や、クローズキッチンで感じられる個室感など両方の良さを体感できます。

両方の良さを体感できますが開放感を求めている方には、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

空間の開放感は、リビングとの仕切りの量や高さによっても感じ方を変化することができます。開放感を高めたい方は、仕切りを低めにする。匂いの伝わりを減らしたい方は、仕切りの空間を多めにするなど、目的に合わせたセレクトをしていきましょう。

 

このようにキッチンレイアウトによっても、いろいろな魅力があります。どんなキッチン空間を作りたいのかをしっかりとイメージして、自分らしい空間づくりに活かしていくことが大切です。

 

 

 

 

アイランドキッチンのある暮らし【メリット・デメリット】

キッチンとリビング

アイランドキッチンは、壁とキッチンが接地していないため「空間の中にポツンとあるスタイル」になります。そのため海に浮かぶ島をイメージさせるため「アイランド(島)キッチン」と呼ばれています。

キッチンを間取りのどの部分に配置するのかにより、キッチンや空間全体の雰囲気も大きく変化させます。

後悔しないキッチン選びのために、アイランドキッチンの魅力やデメリットを解説していきましょう。

 

アイランドキッチンを設置するメリット「開放感を高めつつ、家事負担を軽減」


アイランドキッチン

 

アイランドキッチンの最大の魅力は、開放感の高さでしょう。また壁との接地面のないスタイルのため、キッチンの周りをクルッと1周できる回遊動線も家事負担を軽減してくれます。

キッチンから周囲を見渡せる部分は、小さなお子様がいるご家庭でも安心して家事をすることができます。

個人に負担のかかりやすい家事も「家族とコミュニケーションを取りながらできる」など、精神的にサポートしてくれます。

 

アイランドキッチンを設置するメリット「間取りに合わせたレイアウトがしやすい」


アイランドキッチン

 

壁との設置を考えなくてもいいアイランドキッチンは、レイアウトの自由度がとても高くなります。

コンロとシンクなどのキッチン自体の使い勝手やダイニングやリビングとの位置関係など、さまざまな部分を自分らしくコーディネートすることができます。

 

アイランドキッチンを設置するメリット「おしゃれな雰囲気を楽しめる空間に」


アイランドキッチン

 

アイランドキッチンは、リビングやダイニングと同じ空間にあるため「インテリアのひとつ」としておしゃれ感をアップさせることができます。

今は「見せるキッチン」として、他の空間とコーディネートを合わせて雰囲気づくりをするなど、「個性的なキッチン」を楽しむ方も多いのです。

 

 

アイランドキッチンだけにかかわらず、メリットがある反面どうしてもデメリットが存在します。デメリットは悪いことではなく、知ることで「リスクや負担を軽減させる」アイデアを取り入れることができます。

 

アイランドキッチンを設置するデメリット「他のキッチンより広いスペースが必要」


アイランドキッチンは360度クルッと回遊できるため、その自由度を保つためには「通路を確保する」ことが必要となります。そのためどうしても他のキッチンと比べ、「広いスペースが必要」ケースが多いのです。

例えば一般的なキッチンが「4.5畳分のスペース」が必要な場合、アイランドキッチンでは「6畳程のスペース」が必要とされています。

住宅にかけられる広さには限りがあります。キッチンだけにとらわれず、他の空間とのバランスも視野に入れ検討していきましょう。

 

アイランドキッチンを設置するデメリット「キッチンの匂いが広がりやすい」


アイランドキッチンは、他の空間との近さから「匂いや煙などが伝わりやすい」部分があります。

そのため高機能の換気扇を設置する。窓の位置や風の流れなども考え、換気しやすい環境を整えるなどの工夫も必要でしょう。

 

アイランドキッチンを設置するデメリット「使いやすい位置に収納が設けにくい」


壁面から独立している分、アイランドキッチンでは「使いやすい部分に収納が設けにくい」というのは大きなデメリットでしょう。

収納を近くに配置しすぎれば開放面が。でも遠すぎると移動距離ができ、家事負担が増えるなど、バランスを保つことも視野に入れなければいけません。

キッチンを使いやすくするために、壁面やシンク下に収納スペースを確保するなどいろいろなアイデアを取り入れていきましょう。

 

 

 

 

アイランドキッチンに取り入れたい!アイデア3選

パントリー

新築でつくる憧れのアイランドキッチン。いろいろなアイデアを取り入れることで、より良さを高めることができます。

ここではアイランドキッチンでぜひ取り入れたい!アイデアをご紹介します。

 

キッチンを間取りの中心に「LDKの主役!アイランドキッチン」


アイランドキッチン

 

リビング・キッチン・ダイニングなど、生活を送る上ではいろいろなスペースがあります。間取りを検討する際に、「キッチンを取り囲む配置」を取り入れ「アイランドキッチンをリビングの中央近くに配置する」のもおすすめです。

アイランドキッチンを中心に考えることで、キッチンからリビング全体を見渡せるようになります。

キッチンがリビングに溶けこみ、くつろぐ家族と談笑しながら調理したり洗い物をしたりすることができます。

 

リビングの形状に合わせて「アイランドキッチンを配置する」


アイランドキッチン

 

リビングには縦長や横長などいろいろな形があります。例えばLDKの形が細長い間取りの場合、窓に面して置くのではなく「アイランドキッチンを部屋に沿うように横に配置」してみましょう。

アイランドキッチンの横にリビングが来るように配置することで、キッチン自体の作業スペースも十分に確保することができます。

土地の形状やリビングの形に合わせ、使いやすいアイランドキッチンの位置を検討しましょう。

 

身体への負担を軽減させる位置にアイランドキッチンを設置する


アイランドキッチン

 

家事は毎日のことで、自分たちが思っている以上に身体への負担がかかるものです。特にキッチンは、毎日の食材を運ぶ。お米や飲料水などの重い荷物を運ぶなど、それだけでも一苦労です。

レイアウトの自由度が高いアイランドキッチンの特徴を活かし、玄関の近くにアイランドキッチンを配置してみましょう。

買い物から帰ってきたら荷物を作業台に置き、そのまま冷蔵庫や収納棚に収納できるのでとても便利です。

 

ここでご紹介したアイデアは、ほんの一例に過ぎません。

こんな暮らしがしてみたい。こんなキッチンにしたいなど、ぜひお気軽にご相談ください。私たちが今まで培ってきたアイデアやノウハウをぜひ、あなたの家づくりに役立てていきましょう。

 

 

 

 

まとめ:アイランドキッチンのある家づくりを私たちと

今回は家づくりの中でも注目度の高いキッチンスペースから、「アイランドキッチン」にクローズアップしてきました。家づくりでは、「これが正解」というものはありません。

それは家族構成やライフスタイルにより、暮らしやすい住まいには違いがあるためです。

 

アクティエでは、お客様のどんな小さな声にも耳を傾けています。

「こんな暮らしに憧れている」「こんな形がいいなぁ」など、大まかなイメージでも大丈夫です。お客様ご家族のこだわりやライフスタイルに寄り添って、満足な住まいを実現させるお手伝いをしています。

ぜひあなたの声を、聞かせてください。憧れのマイホーム実現のために、一緒に理想の住まいづくりを目指してみませんか。

 


 

愛知県で、ご家族の暮らしにマッチするおしゃれで快適な新築を建てるなら、私たちアクティエにお気軽にご相談ください。

自由な発想と便利な機能を活かして、お客様ご家族が納得・満足のいく彩りある住まいをデザインしております。

 

 

愛知県内の大府・長久手・岡崎には、デザイナー渾身の自社モデルハウスもご用意しています。

住まいづくりの第一歩として、ぜひお気軽にご活用ください。

 

【モデルハウス情報】

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号