キッチンから見たリビング

縦長リビング、横長リビングなど、現在の住まいはリビングだけでもいろいろな形状があります。

その自由度の高さは、「居間」「キッチン」など個別な間取りから「LDK」というスタイルが主流となったことは大きなポイントのひとつでしょう。

現在はLDKの良さを最大限に活かし、「ゆっくりできるリビングが欲しい」「家事が楽にできる住まいにしたい」など、ライフスタイルに合わせた家づくりをすることができます。

今回は、「家事楽な家」にするために「リビングの形状の違いから、使いやすいキッチンを選ぶ方法」にクローズアップしてみましょう。

キッチンを単体で考えるのではなく、リビングと合わせて作り上げることで家事への負担を軽減してくれます。

これからの家づくりに、ぜひお役立てください。

 

コラムのポイント
  • リビングとキッチンの位置関係により家事のしやすさは大きく変化します。リビング形状による違いを把握しておきましょう。
  • 家事楽な家にするためには、どんな部分に注意したらいいのでしょうか。そのポイントを知ることができます。

 

 

 

家事楽な家にするポイントとは、どこ?

ダイニングキッチン

家事を楽にすませられる理想の間取りを考える時、重要となるのが家の中を移動する「動線」です。

生活する中では、

など、それぞれのシーンで最適なスタイルは違うのです。

その折々で家族がどのような経路で動くのかを考えるのが、動線計画になります。リビングなどの間取りと合わせ動線を考えることで、快適性は大きく変化します。

「どうしたらもっと楽にできるかな?」と動線を考えることは、家事を楽にする第1歩となります。

 

家事楽な動線にするポイント「水まわりの配置と家事動線」


家事にかかる身体の負担を減らすためには、家事で主に移動する「キッチン」「ランドリー」「洗濯物を干す場所」などをなるべく近くに配置して、移動時間を短く。そして動きやすく配置するのが家事楽な家の基本です。

例えばキッチンの側に水まわりを集め、キッチンからお風呂場や洗面室。そしてトイレまでストレートに動ける動線を取り入れるのも方法のひとつです。

これは家事が楽になるだけではなく、そこで暮らす家族にとっても動きやすい動線ですね。

 

家事楽な動線にするポイント「キッチンにつながるお買い物動線」


アンティーク玄関

日々の買い物はもちろん、キッチンに運びたいものは「お米」「お野菜」「飲料水」など、重量のあるもの・かさばるものなどさまざまです。

玄関からキッチンまでの動線をより近くすることで、スーパーや直売所でたくさんの食材を購入した場合でもスムーズに運び入れることができます。

またキッチンに勝手口などを採用することで、新たな動線も生まれます。

キッチンに直接行ける動線は、荷物の運び入れだけではなくゴミ出しなどストレスフリーな環境を整えてくれます。

 

家事楽な動線にするポイント「掃除をしやすい環境をつくる」


リビング

家づくりの中でも見落としがちになるのが、掃除動線を含めた環境づくりです。お掃除は日常的に、そして広い空間をお掃除しなければいけません。

などのアイデアを取り入れることで、無駄な動きを削減してくれます。

 

このように家事をやりやすく、そして身体への負担を軽減させる。家事の時間を短くするためには、リビングを含め間取りとの関係性は避けては通れないのです。

新しい住まいでどのような生活が送りたいのかなど、将来をイメージして検討していきましょう。

 

 

 

 

縦長リビング・横長リビングに映えるキッチンの選び方

カウンターキッチン

ひとことで「キッチン」と表しても、いろいろなスタイルがあります。しかしキッチン単体では魅力的でも、自分たちの選んだリビングにとってどうなのかは不安になるところです。

キッチンの良さを最大限引き出すためには、間取りとの調和はとても大切です。

ここでは間取りの中でも人気の高い「縦長リビング」「横長リビング」におすすめのキッチンをご紹介します。

 

縦長リビングにおすすめのキッチン


縦長キッチンの特長は、壁面が取りやすいことです。

その良さを活かし、壁を活用する「Ⅰ型キッチン」「L型キッチン」「U型キッチン」などの他にも、「アイランドキッチン」「ペニンシュラキッチン」など、幅広い選択種があります。

リビング

 

縦長リビングとは、家の間取りに対して「リビング形状を縦に展開した空間」となります。奥からキッチン、ダイニング、そして窓の1番近くにリビングを配置するケースが一般的です。

こちらのお住まいでは、窓から1番距離のあるキッチンにも明るい日差しが取りれられるよう「スリット窓」を採用しています。

ダウンリビング

スリット窓はデザイン性も高く、外からの視線も防ぎやすいというメリットがあります。縦に走らせる、横に走らせるなどのアレンジで、オシャレなリビングを演出してくれます。

 

しかし昔からなじみのあるI型キッチンの場合、使いやすくバリエーションも豊富という魅力の一方、どうしても「ダイニングやリビングに背を向けるスタイル」になりやすくなります。

そんなデメリットと感じてしまいがちな部分は、思い切って「キッチンを90度回転」させるアイデアを取り入れてみましょう。

ダイニングキッチン

 

キッチンの向きを回転させることで、ダイニングやリビングに対して横の動線が生まれ、家事の際にも短い動線ですますことができます。

キッチンから見たリビング

奥に対して広がりを持たせる縦長リビングだからこそアレンジできるアイデアになります。

 

横長リビングにおすすめのキッチン


横長リビングの場合、窓面をより多く取り入れるスタイルの人気が高いです。

そのためその環境をキッチンでも味わえる「アイランドキッチン」や「ペニンシュラキッチン」など開放感のあるキッチンスタイルがおすすめです。

光の差し込むリビング

 

家事をしながら目線を上げるだけで、ダイニング・リビングの様子も確認でき、家族とのコミュニケーションの取りやすい空間が楽しめます。

キッチン

こちらのお住まいでは、ダイニング・キッチンにも明るい日差しが差し込みます。

リビングやキッチンなどの間取りは、「これが正解!」というものはありません。ぜひ私たちと一緒に、つくりあげてみませんか。

 

 

 

 

まとめ:家族と過ごすイメージを家づくりに活かそう

人により、その空間でも目的や使い方が変化します。そのため「動きやすいキッチン」「使いやすいキッチン」には違いがあります。

たくさんの実例を見たり、モデルハウスで実際に体感したり。

イメージをふくらませて、ライフスタイルに合うリビング・キッチンをつくりあげましょう。

 

アクティエでは、お客様のどんな小さな声にも耳を傾けています。

「こんな暮らしに憧れている」「こんな形がいいなぁ」など、大まかなイメージでも大丈夫です。お客様ご家族のこだわりやライフスタイルに寄り添い、満足な住まいを実現させるお手伝いをしています。

ぜひあなたの声を、聞かせてください。憧れのマイホーム実現のために、一緒に理想の住まいづくりを目指してみませんか。

 


 

愛知県で、ご家族の暮らしにマッチするおしゃれで快適な新築を建てるなら、私たちアクティエにお気軽にご相談ください。

自由な発想と便利な機能を活かして、お客様ご家族が納得・満足のいく彩りある住まいをデザインしております。

 

 

愛知県内の大府・長久手・岡崎には、デザイナー渾身の自社モデルハウスもご用意しています。

住まいづくりの第一歩として、ぜひお気軽にご活用ください。

 

【モデルハウス情報】

 

記事監修者情報

アクティエ ロゴ
  • アクティエ

    最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

  • 建設業許可番号

    特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号