外観

念願のマイホーム。

一生に1度の家づくりなら、みんながうらやむような「高級感のあるお家にしたい」

まるでホテル!と感じさせるような「外観も内装もこだわった家づくりがしたい」など、考えている方も多いでしょう。

自宅にいながらも旅行に行ったような気分を味わえるホテルのようなデザインは、寝強いファンが多いテイストなのです。

しかし高級感のある家づくりは、良いものを使うだけではセンスのある建物になるとはいいがたいのです。

高級感のある内外装にすることはなかなか難しく、さらにセンス良く仕上げるためには間取りやデザインなどトータルでの工夫が大切なのです。

後悔のない家づくりのために、ぜひお役立てください。

 

コラムのポイント
  • 「高級感のある外観」と一言でいっても、デザインによって雰囲気やテイストはさまざま。一方で、高級感を感じさせるための共通ポイントもあるため、要点をしっかり抑えたうえで、好みのデザインを見つけてみましょう。
  • 家事楽な家にするためには、どんな部分に注意したらいいのでしょうか。そのポイントを知ることができます。

 

 

 

高級感のある家はここが違う!どこが違う?

外観

高級感のある家というと、「豪華」や「おしゃれ」など人それぞれ想像するイメージには違いがあります。

では一体、一般に建てられている家と高級感のある家には、どんな違いがあるのでしょうか。

自分たちの建てる家を高級感のある住まいにするために、その違いを見ていきましょう。

 

高級感のある家づくり「枠にとらわれない自由度のあるデザインと間取り」


屋外庭園

高級感のある家は、ただ素材に良いものを使うだけではできません。

一生に1度の住まいだからこそ、枠にとらわれない家づくりは希望のひとつです。

例えば外観であれば、曲線を外観の一部に取り入れたデザインを採用することで、「芸術的で高級感のあるデザインの住宅」に仕上がります。

また内装では、インテリアや壁や床、天井などの色や素材を揃える。漆喰など住まい環境を整えてくれる素材を取り入れるなど、さりげない部分まで気を配ることで、高級感はアップします。

一般的な住宅はどうしても、型にはまった家づくりになりがちです。

デザイン・素材・間取りなど、枠にとらわれない部分を家づくりに活かしきることで、住まい手の家づくりへの希望が最大限に叶えられた高級感のある家に変化します。

 

 

 

 

高級感のある家にするためのポイント<外観編>

外構

 

高級感のある家づくりを目指すのであれば、外観・そして内装の両方にこだわりたいものです。

ここでは外観でおさえておきたいポイントを見ていきましょう。

 

直線的なフォルムでシックな雰囲気を演出する


外観

 

長く家族が集う空間だからこそ、飽きのこないデザインを取り入れることが大切です。

高級感の家にするための外観ポイントは、「スタイリッシュ」でシンプルな要素を取り入れることです。

外観のフォルムに直線を意識した「長方形」や「箱型」を取り入れることで、シャープでスタイリッシュな印象をあたえてくれます。

曲線のフォルムを!とお考えの方であれば、全面に採用するのではなくポイントを絞って取り入れてみましょう。

曲線の形状をあまり多く取り入れすぎてしまうと、可愛らしい印象が強くなってしまうケースがあるためです。

全体のバランスを考えつつ、オリジナリティを感じさせる外観をめざしましょう。

 

フォルムを活かす色使いを取り入れる


外観

 

外壁の色選びにより、外観の雰囲気や印象は大きく変化します。

高級感を感じさせるスタイリッシュな外観の場合、色使いからその良さを引き立てられるよう工夫しましょう。

例えばメインカラーに白や黒、グレーなどのベーシックカラーを採用することで、スタイリッシュのフォルムをより引き立ててくれます。

また色使いを多く使用し過ぎると、ごちゃごちゃとした印象になりがちです。

他の色を加えたい場合は、窓枠やドアなどの付帯物にもう一色取り入れてみましょう。

また違った印象をあたえてくれます。

 

外観のイメージをさらにアップさせるアイテム「外構」


平屋外観

 

家づくりの場合、外構などを含め「家全体を一緒につくりあげる」スタイルと、とりあえず住まいを完成させ「後から庭や外構をつくる」スタイルに分かれます。

高級感のある家を目指すのであれば、ぜひ外構も一緒につくるスタイルをおすすめします。

例えば、玄関からつながるアプローチ部分には、石畳やタイルなど、高級感を感じる素材を。

また、外構周りの装飾に使う植木は「外観のデザインとマッチするもの」をセレクトするなど、全体の統一感も整えやすくなり、配置による快適性もアップします。

建築費用に含めることで、その後の費用負担もシュミレーションしやすくなるメリットもあります。

 

 

 

 

高級感のある家にするためのポイント<内装編>

リビング

 

内装の雰囲気や使い勝手は、日頃の生活にも直結する重要な部分です。

内装で取り入れたいアイデアなど、家づくりに活かせる情報をご紹介します。

 

内装に開放感をプラスする「吹き抜け」


キッチンから見たリビング

 

おしゃれで高級感を持たせた印象をあたえるためには、空間の開放感も大切です。

特にリビングは、家族が長い時間一緒にいるスペースのため「くつろぎやすい環境」を整える工夫を取り入れましょう。

そのアイデアのひとつが「吹き抜け」です。

リビングに吹き抜けを取り入れることで、縦の空間を活かすことができます。

高い天井から入る日差しは、空間の奥へも明るさを届けてくれます。

「もっとおしゃれに!」と考えている方には、吹き抜けと一緒にスケルトンのリビング階段がおすすめです。

リビングに階段を設置しても圧迫感を感じさせず、階段自体がLDKのデザインの一部となりおしゃれな景観を楽しむことができます。

 

開放感アップとおうち時間を楽しくさせる「大きな窓」


大きな窓のあるリビング

 

開放感をアップさせる方法は、吹き抜けだけではありません。

開放感を生み出すためには、屋内という視野にとらわれず「屋外の景観」を室内で感じさせる工夫も大切なポイントです。

リビングの一角に大きな窓を配置することで、外の景観を楽しみながら採光の恵みを受けることができます。

大きな窓に面して、ウッドデッキやテラスをつくることで、第2のリビングとしても活躍します。

その際に、

など、つくるだけで終わらない空間にしておきましょう。

 

生活感を感じさせない工夫を取り入れる


小上がりのあるリビング

 

高級感を感じさせるためには、「生活感を感じさせない」ことがとても重要です。

生活感を感じてしまう要因のひとつが、日々過ごす中でものが多くなりモノが片付かなくなる部分です。

インテリアでは、必要最低限のものだけを置き「シンプルな空間を保つ」ことでおしゃれ感もアップします。

またリビングやキッチンは、どうしても細々としたモノが多くなる空間と言われています。

「高級感を演出する+いつまでもキレイさを持続する」ためには、「必要な場所に、必要な収納を設置する」こともアイデアのひとつ。

新築建築時からそこでの暮らしをシミュレーションし、どんな収納がどこにあったら生活がしやすいのかを検討しておきましょう。

 

ここでご紹介したアイデアも、ほんの一例に過ぎません。

家族構成やライフスタイルによっても、活かせるアイデアは変化します。

「どうしたらいいのか分からない」とお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

一緒に「あなたらしい住まい」をつくりあげていきましょう。

 

 

 

 

まとめ:高級感のある部屋するには、インテリアにもこだわろう

今回は、自宅にいるのに「まるでホテルにいるような高級感のある家づくり」にクローズアップしてきました。

家の雰囲気や快適性、使い勝手などは、もちろん家を建てた後でも変化することは可能ですが「できる範囲に限り」があります。

長く集う場所だからこそ、家づくりからいろいろな視点を取り入れることで、新たなアイデアも生まれます。

後悔のない家づくりのためには、つくる前がとても大切なのです。

 

アクティエでは、お客様のどんな小さな声にも耳を傾けています。

「こんな暮らしに憧れている」「こんな形がいいなぁ」など、大まかなイメージでも大丈夫です。お客様ご家族のこだわりやライフスタイルに寄り添い、満足な住まいを実現させるお手伝いをしています。

ぜひあなたの声を、聞かせてください。憧れのマイホーム実現のために、一緒に理想の住まいづくりを目指してみませんか。

 


 

愛知県で、ご家族の暮らしにマッチするおしゃれで快適な新築を建てるなら、私たちアクティエにお気軽にご相談ください。

自由な発想と便利な機能を活かして、お客様ご家族が納得・満足のいく彩りある住まいをデザインしております。

 

 

愛知県内の大府・長久手・岡崎には、デザイナー渾身の自社モデルハウスもご用意しています。

住まいづくりの第一歩として、ぜひお気軽にご活用ください。

 

【モデルハウス情報】

 

記事監修者情報

アクティエ ロゴ
  • アクティエ

    最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

  • 建設業許可番号

    特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号