COLUMNS
コラム
新築キッチンの便利でおしゃれな収納インテリア|時短・家事楽目線でこだわる収納設計アイデア【愛知】
背面収納がおしゃれで回遊性の高い開放的なアイランドキッチン

おうち時間が増えて、家族でキッチンに立つ機会が増えたというご家庭も多いのではないでしょうか。

食材をはじめ、調理器具や調理家電まで、キッチンには大量のサイズも種類も異なるさまざまなものがあって、仮にご家族が片付け場所を知らない、または違った場所に置いてしまうということがあると困るケースもあるでしょう。また、適切な収納場所を考えていなったために、せっかくおしゃれなキッチンをつくったのに、散らかり放題で台無しに…なんてことも避けたいですよね。

そこで今回は、時短や家事楽、家事シェアに重点を置いたキッチン収納のおしゃれなデザインについてご紹介していきます。

おしゃれで分かりやすい収納のコツや真似したい便利な実例もございますので、ぜひ家事機能の高い新築キッチンづくりの参考にしてみてくださいね。

 

コラムのポイント
  • インテリアのような新築キッチンのおしゃれな収納実例を見ることができます。
  • 家事機能が高まる食器棚や背面収納選びのポイントを知ることができます。
  • 調味料や調理器具に合わせた快適な収納設計のコツが分かります。

 

 

 

 

 

1.おしゃれで動きやすいキッチンは新築時の収納設計が重要

シックで統一感のあるデザインと短くシンプルなダイニング横並び動線がおしゃれで機能的なキッチン空間

新築キッチン設計時に、食器や調理器具の全体量を把握して、キッチンの収納レイアウトやデザインを考えるとなると大変そうですが、まずはキッチンでの行動を再現しながら、より快適に動ける収納場所を確認するとよいでしょう。

例えば、キッチンを使うご家族の身長や料理手順のこだわりによっても、食器や調理器具を片付け・取り出しやすい位置は変わってきます。

また、収納が得意な方と苦手な方がいるように「隠す収納」と「見せる収納」のどちらがいいかも変わってきます。いずれにせよ、後付けの収納棚や収納ラックが空間デザインを損なったり、動線を邪魔したりしないよう、新築設計時から「収納」をしっかりと考えた動きやすいスタイルを検討しておくことが大切です。

 

 

 

 

 

2.【実例】インテリアのようにキッチン収納を楽しむポイント

「見せる」「隠す」のバランスが取れた背面カウンターの収納デザインがかっこいい実例

1日のうちでも朝昼版と3回以上は料理片付けが必要になるキッチン。

キッチン内での作業時間が長く、動きが多く、負担がかかりやすいのは主に「調理」「配膳」「食後の片付け」ではないでしょうか。

さまざまな調理器具を使って料理をして、それぞれの料理に合う食器を出して、洗い物を各収納場所に片付けるという流れを無駄なくスムーズに行える収納場所・収納スタイルを、ぜひ実例を見ながらイメージしてみてください。

 

 

 

①「見せる収納」で飾りながら片付けも取り出しも楽々


背面収納の飾り棚を活用して家事楽・家事シェアにも役立つ見た目にもおしゃれな収納設計

背面収納の壁面には食器棚を配置するのではなく、デザイン壁に飾り棚を設置して、おしゃれに食器や調味料を陳列する収納スタイルも人気です。

食器棚の圧迫感がなく、扉もないので「取り出し・片付け」がとてもスムーズです。

消耗品のストックや大きな鍋などの調理器具は、腰より下の隠れた収納スペースに入れて、日常的によく使う食器や調味料、調理器具を見える位置に飾りながら収納することで、普段キッチンを使わないご家族でも収納場所を把握しやすくなります。

 

 

 

 

②「隠す収納」は引き出しや家電の色味を揃えてスタイリッシュにまとめる


同系色でまとめた背面収納なら「隠す」スタイルもおしゃれに決まる

飾り収納のセンスがあり、こだわりの食器や調味料があるといった場合には、見せる収納を楽しむことができますが「ディスプレイが苦手」「あれこれ飾るよりもスッキリと片付けたい」というご家庭では、完全に「隠す収納」がおすすめです。

実例のように、収納棚や扉が多い場合でも同系色でまとめることで、実用性よりもモダンなデザインが目立つキッチンになります。キッチン内で意外と浮いてしまう「ゴミ箱」スペースも背面収納棚に組み込んでしまう設計もおすすめです。

大型の調理家電をカウンターに並べる場合でも、同じ色に揃えることでごちゃごちゃしないスタイリッシュな印象に仕上がります。

 

 

 

 

③狭いスペースにおすすめの壁面収納やパントリー


パントリー→キッチン→ダイニングテーブルの動線を横並びにした間取り

キッチン内に十分な収納スペースを確保できない場合やストックや調味料を多く保存するご家庭では、キッチン作業の邪魔にならない壁面収納やパントリーをつくるのもおすすめです。

パントリーは、壁面をくり抜いたような小型空間から、ウォークイン・ウォークスルータイプの大型空間までご家庭の収納量に合わせて設計できる上、スッキリと片付いたキッチン環境を維持するのにも役立ちます。

 

 

 

 

④ラックやキャビネットの活用もおしゃれ


ナチュラルで洗練された明るいキッチン~統一感のある収納スタイルがおしゃれ

後付けの収納ラックやキャビネットでは、せっかく新築時に設計した快適な動線を邪魔してしまうことがありますが、あえて最初から動線を確保した上で、その場その場で使うものを収納するおしゃれなラックやキャビネットを配置して、カフェや雑貨屋さんのようなインテリアに仕上げるのもおすすめです。

テイストを合わせた素材・色の家具を揃えることでまとまりあるデザインになります。

 

 

 

 

 

 

3.食器棚や背面収納の選び方

壁面収納やカウンター収納を活用したおしゃれなL字型キッチン

キッチンでの「調理」「配膳」「片付け」にかかる作業や動線を快適にするカギは、食器棚や背面収納の設計デザインが、キッチンを使うご家族のスタイルに合っていることです。

それでは、実際の使い勝手を考えながら検討してみましょう。

 

 

 

①食器棚はどこに依頼する?


食器棚は、建築会社が提携するあるいは紹介したキッチンメーカーの商品を選んで設置してもらう場合や建築会社で造作してもらう方法などがあります。

収納量だけで比較するとキッチンメーカーの大型食器棚がよいかもしれませんが、ご家族の使い心地や作業動線への配慮、収納量によっては、造作カウンター収納や壁面飾り棚収納の方が合うというケースもあります。

 

 

 

②背面収納のデザインでキッチンの広さが変わる?


簡単に言えば、キッチンの背面収納を扉付き食器棚にするか、オープンな壁面収納にするか。または、床から天井までの収納にするか、腰までのカウンター収納にするかなどによって、キッチン内で作業にかかる時の広さや圧迫感、居心地に影響してきます。

実例を見比べて、またはモデルハウスで体感した上で、お好みの空間デザインや収納スタイルを決めるのもよいでしょう。

 

 

 

③見落としがちな収納の高さや扉にも注目


特にデザインや収納力で選びがちなキッチンメーカーの食器棚の場合、自分の身長よりも高い場所に吊り戸棚があったり、扉を開けたところで上段の食器に手が届かなかったりする場合があります。

踏み台を用意するのも使い勝手が悪いので「ダウンウォール」のオプションを付ける必要性を事前に確認しておくことが大切です。

また、引き戸か開き戸かの好みもありますので、展示場で使い勝手をよくチェックしておくことをおすすめします。

 

 

 

 

 

4.調味料や調理器具の収納場所や収納スタイルの決め方

よく使う調味料や調理器具はおしゃれに使い勝手よく収納~モデルハウス長久手展示場

 

 

 

 

①キッチンまわりの動線をチェック


調理中の機能性を考えると、料理に使う「調理器具」や「調味料」は、コンロの近くか作業台、その壁面に収納しておくのが理想的です。

背面収納で、振り返って取るには距離がある場合や頻繁に使うものに関しては、コンロ下のシステムキッチン収納に入れておくのがよいでしょう。

 

 

 

②収納量を確認


調味料のストックや普段は使わない調理器具・家電が多い場合には、パントリーがあると便利なこともあります。

「見せる収納」は苦手だけど、片付けや取り出しが簡単な収納が欲しい場合や収納量は多いけどキッチン内はスッキリと見せたい場合におすすめです。

 

 

 

③使い勝手のいい収納場所・スタイルを検討


調味料の種類が多いご家庭や調理器具・家電のデザインにこだわっている方には、おしゃれで使い勝手もいいオープンな壁面を使った飾り棚収納がおすすめです。

扉がない分、取り出しや片付けがスムーズで、お気に入りの食器やアイテムに癒されるキッチン空間になるのではないでしょうか。

「見せる収納」は、ご家族の誰もが分かりやすい収納なので、家事シェアも期待できそうです。

 

 

 

 

 

 

 

5.まとめ~おしゃれで機能的な新築キッチンまわりの収納設計

新築キッチン収納づくりの家事楽ポイントをご紹介してきましたが、気になるデザインや真似してみたいスタイルは見付かりましたでしょうか。

おしゃれで心地良く、家事機能に優れた快適なキッチン空間をつくるためには、収納量や使う場所、配置したい位置、収納スタイルをじっくりと検討することがとても大切です。

ぜひ、今回の実例の他にもモデルハウスやその他の実例も参考にして、お気に入りのキッチン空間に仕上げてくださいね。

 

 


 

愛知県で、ご家族の暮らしにマッチするおしゃれで快適な新築を建てるなら、私たちアクティエにお気軽にご相談ください。

自由な発想と便利な機能を活かして、お客様ご家族が納得・満足のいく彩りある住まいをデザインしております。

 

 

【施工事例一覧】

 

愛知県内の大府・長久手・岡崎には、デザイナー渾身の自社モデルハウスもご用意しています。

住まいづくりの第一歩として、ぜひお気軽にご活用ください。

【モデルハウス情報】

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号