COLUMNS
コラム
スタイリッシュなリビングの畳小上がり事例集【愛知】|間取りのポイント
スタイリッシュな畳小上がり

洋室メインのデザインが多い現代の住まいですが、おしゃれで便利な畳小上がりスペースはおすすめの間取りです。日本のデザインである畳ですが、上手にレイアウトするとリビングをよりおしゃれに演出してくれるケースも。

今回はおしゃれなリビングの畳小上がり事例をピックアップし、メリットや便利な使い方もご紹介します。リラックススペースが欲しい方や子育て世代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 


目次
■新築に畳スペースはあり?なし?
■おしゃれなリビングの畳小上がり事例集
■畳小上がりの便利な使い方
■和室ではなく小上がりにするメリット


 

■新築に畳スペースはあり?なし?

おしゃれな畳の和室

畳や和室と聞くと古臭いイメージを受け、新築の間取りに入れるのは抵抗がある方も多いようです。結論としては、畳や和室を洋室とうまく混ぜておしゃれに仕上げることは可能です。便利なだけでなく、意匠性アップにも使えるおしゃれなデザインといった一面もあります。

 

・遊び心があり便利に使えるスペースに

フローリングメインの洋室に設ける畳小上がりスペースは、アクセントとして空間をおしゃれに演出しやすいのが特徴。一般的な和室をただ作ってしまうと違和感がありますが、ちょっとした工夫でおしゃれに仕上がりますよ。詳しくはメリットの項目で紹介しますが、さまざまな使い方ができる点も新築畳スペースのおすすめポイント。

 

・デザインテイストも問題無し

畳のカラーや質感で和を感じる方も多いですが、最近は洋室に合わせやすいヘリなしやカラー畳もラインナップされています。どのようなテイストにも合わせることができますので、さりげなくおしゃれに畳小上がりスペースを設けたい方もぜひ挑戦してみましょう。

 

■おしゃれなリビングの畳小上がり事例集

モダンテイストにマッチする畳小あがり

大きなリビングの一角に設けた4.5畳の畳小上がりは、袖壁を設けてプライバシーを確保。来客時の応接スペースや、リビングと畳でそれぞれの時間を過ごすことができます。イエロー系のカラー畳をチョイスし、全体の和モダンテイストを崩さずにマッチさせています。

 

【詳細】⇒生活動線を意識した、こだわりあふれる快適住まい

 

 

ホワイトにまとめたおしゃれな畳小あがり

ホワイトでまとめたモダンスタイルのリビングですが、同系色でまとめれば畳スペースも違和感なく仕上がります。おしゃれなアクセント空間になり、リビングの収納力アップでお子さんのおもちゃをしまっておくこともできます。一般的な和室レイアウトにはない細長いスペースが、リビングに圧迫感を与えず居心地の良さにつながっているのも特徴。

 

【詳細】⇒遊び心満載のデザイン、かつ落ち着ける快適住まい

 

 

間仕切りもできる畳小あがり

リビングに隣接しながら、間仕切りで個室化もできる畳スペースです。お子さんが体調を崩したときの就寝スペースや来客用の寝室など、さまざまな使い方ができる間取りに仕上げました。

 

【詳細】⇒納得いくまで考え抜いた、ご夫婦の思いのつまったお家

 

リビングの畳コーナー

角を落とした小上がりスペースのデザインは、リビングの解放感を損なわず、お子さんのケガを防ぐ二つの役割を持っています。横長の窓でやさしい光が差し込む空間になり、食後や趣味の時間をリラックスして過ごすのにピッタリ。

 

【詳細】⇒開放感あふれるリビングとラクラク家事動線で住まいを快適に

 

キッチンに面した畳小あがり

畳スペースとカウンターを組み合わせ、読書や在宅ワークにも使える便利なスペースに。チェアが必要ない畳の間取りは、床面積を必要としないため簡易書斎としておすすめです。キッチンとつながっているため、遊んでいるお子さんの様子を見ながらお料理をこなすこともできます。

 

【詳細】⇒ご家族の快適な生活が見て取れる素敵な住まい

 

 

■畳小上がりの便利な使い方

床下が収納になる畳小あがり

リビングの一角に設ける畳小上がりは、一部屋で何役もこなせる多目的スペースとして活躍します。便利な使い方の一例をご紹介しますので、ご自身のライフスタイルと照らし合わせてみてください。

 

・お子さんとのお昼寝スペース

カーペットやラグを敷かなくても気軽に横になれる畳スペースは、小さなお子さんのお昼寝スペースにピッタリ。リビングの隣にあるので、赤ちゃんを寝かせているときも様子が見えて安心です。お父さんやお母さんが一緒にお昼寝するスペースとしても便利ですね。

 

・洗濯物&アイロンがけ

洋室だと意外と困るのが、洗濯物を畳んだりアイロンをかけたりするスペースの確保。畳なら広く洗濯物を広げられて、シワなく畳んで分類することができます。床下スペースにアイロンや台をしまっておけば、すぐ取り出して家事に取り掛かれるのもgoodポイント。

 

・来客時の応接間&寝室

仕事の打ち合わせや見積もりの確認などパソコンや書類でやり取りするのは、ソファとローテーブルだとちょっと不便です。かといってダイニングテーブルに通すのは抵抗がありますよね。畳スペースはクッションや座布団とローテーブルがあれば、打ち合わせスペースに早変わり。応接間として使いやすい間取りです。

布団を敷くだけで寝室になる畳は、親戚や友人が宿泊する際の部屋としても活躍します。

 

・趣味に没頭するスペース

適度な広さの小上がりスペースは、趣味の読書や作業に集中するスペースとしてもおすすめ。リビングで家族がテレビや映画を見ているときも、同じ空間ながらプライバシーを確保して趣味に没頭できます。楽器や工作道具など趣味のアイテム用の収納を作っておけば、さらに趣味に適したスペースになりますよ。

 

・在宅ワークスペース

ちょっとしたローテーブルとクッション・座椅子があれば、小さなスペースで在宅ワークに対応できるのも畳小上がりのメリット。洋間の場合デスクとチェアが必要になるため、ワークスペースの床面積も大きくなります。畳の場合はそのまま座れて、横になって休憩したりストレッチでリフレッシュしたりできるのも在宅ワーク対応しやすいポイント。

 

■和室ではなく小上がりにするメリット

リビングの畳小上がり

同じ畳スペースでありながら、完全な和室ではなく小上がりにするメリットについて見ていきましょう。

 

・リビングのホコリが入らない

フローリングとフラットの和室にするとリビングからのホコリが入ってしまい、裸足で歩いたり寝転がったりする場合ちょっと心配です。一段上がった小上がりスペースならホコリやゴミが入らないため、気軽に寝転んですごすことができます。

 

・腰かけスペースになる

高さ的にちょうど腰かけにもなる小上がり畳は、来客時の着座スペースとしても便利です。お誕生会や新築祝いなどのパーティーでLDKに人が集まったときも、椅子やクッションを用意せずに済むのは意外なメリット。普段の生活でもちょっと腰かけられるので、便利に使えます。

 

・床下をリビング収納にできる

一段上がった床下を収納スペースとして活用できるのも、小上がりスペースの大きなメリット。リビングの居住性を犠牲にすることなく収納力をアップできるため、いつでも片付いておしゃれな区間を保てます。しまう場所に困りがちなお子さんのおもちゃをスッキリ収納することもできますよ。

 

■畳小上がりのデメリットと注意点

ダイニングに面した畳小上がり

便利でメリットも多い畳小上がりの間取りですが、注意すべきデメリットもあります。知らずに作ってしまうと後悔につながるケースもあるため、事前にしっかり把握しておきましょう。

 

・リビングが狭く見える

床が一段上がると、オールフラットの状態とくらべてリビングが若干狭く見えるケースもあります。十分な広さのあるリビングなら問題ありませんが、コンパクトなリビングの場合は空間全体の見え方にも注意しましょう。開放感のある吹き抜けと組み合わせたり、圧迫感の少ないホワイトやベージュ系のカラーにしたり、対策する方法はたくさんあります。

 

・ロボット掃除機が使えない

最近は技術の進化で、ロボット掃除機にお家の掃除を任せる方も増えてきています。ほとんどのロボット掃除機は1~2センチ程度の段差しか乗り越えられないため、畳小上がり部分はお掃除できません。もし出かける前に余裕があれば、ほうきを使ってリビングにホコリを落としておけばロボット掃除機が一緒にきれいにしてくれます。それでも気になる場合は、畳スペース用のハンディ掃除機を用意しておくと良いでしょう。ロボット掃除機で掃除できない高い場所もきれいにできるため便利です。

 

・インテリアのレイアト自由度が下がる

畳スペースにはダイニングテーブルやソファが配置できないため、リビングのインテリア自由度が下がる点も理解しておきましょう。四角形のシンプルなお部屋と比べると、少し配置に制限が出るケースがあります。小上がりの段差をチェア変わりに使うなど、家具の量を減らす工夫を心がけましょう。

 

■まとめ:自由な間取りプランで便利な畳小上がりを

便利でおしゃれな畳小上がりスペースは、人気のリビング間取りの一つ。子育て・家事・来客対応など多目的に使える便利なスペースになりますので、ぜひ検討してみてください。

リビングでの過ごし方はご家族によって変わりますので、自由なプランニングでライフスタイルに合わせてつくることが大切です。アクティエはお客様の理想を形にするサポートで、使いやすい小上がりスペースやリビングの間取りをご提案します。デザイン・使い勝手ともにこだわったオーダープランで、理想の住まいを目指しましょう。

【アクティエの自由設計】

 

愛知県の長久手・大府・岡崎にはモデルハウスもご用意しています。。

【モデルハウス情報】

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号