COLUMNS
コラム
【新築】リビングの照明をおしゃれにアレンジしよう|気をつけたい照明計画3つの基本とは?
リビングダイニング

念願のマイホーム。こんな風な素敵なお家にしたいなど、希望で胸がふくらみます。新築住宅では照明ひとつで、デザイン性や空間の雰囲気さえもおしゃれに仕上げることができるのです。

照明器具のデザインやサイズ、素材や明るさなど、ポイントをおさえてイメージにあった空間づくりを目指してみましょう。

リビング照明の役割や気をつけたいポイント、空間ごとのおすすめ紹介など、たくさんの情報を集めました。ぜひこれからの住まいづくりに役立ててくださいね。

 

コラムのポイント
  • リビングは家族が集う大切な空間です。ポイントをしっかりとおさえ、後悔のない照明選びをすることができます。
  • 照明にはいろいろな種類があり、空間によって選びたい種類や色にも違いが現れます。注意点をふまえ、プランニングの中取り入れていきましょう。

 

 

 

照明の役割とは?<照明計画3つの基本>をおさえよう

照明の役割と尋ねられたら、暗い空間に明るさを補うことを真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。確かにリビング照明を含め照明の役割は、部屋に明かりを灯すことが最大の目的です。

しかしそれ以外にも、照明の種類や色合いを上手に活用することで「おしゃれな雰囲気」や「落ち着いた空間を演出する」などさまざま変化できることも大きな役割です。

ではどんな部分に気をつけたらいいのか、照明計画5つの基本をご紹介します。

 

①明るさにバリエーションを持たせよう!


リビング

 

空間によりそこでの過ごし方はさまざまです。例えばリビングであれば、テレビを見たり、本を読んだり、家族みんなでくつろいだりなど、楽しみ方も多種多様です。

そのためそういった空間では、ひとつの照明に頼るのではなく「いろいろな照明を使い、パターンを増やす」ことがおすすめです。

など、照明をひとつ加えるだけでもその空間の雰囲気を大きく変化させられます。

一室多灯がキーワードに「過ごしやすい空間づくり」を目指しましょう。

 

②空間のデザイン性の統一を心がけよう!


リビング

 

今はいろいろな種類の照明機器があり、見ているだけでも楽しくなる物ばかりです。

など、いろいろな種類があります。

「これがかわいい!」「これなんて、素敵!」と照明だけを見て感じても、いざ空間につけた途端その良さが半減してしまうケースも珍しくはありません。

そんな後悔をしないために・・・。照明器具をセレクトする場合、設置する空間と統一感を持たせることが大切です。

空間の雰囲気と合わせた照明設備を選ぶ。また照明設備自体のデザインを統一しながら、コーディネートしていきましょう。

 

③空間に必要な明かりを選び、機能も楽しもう


リビング

 

今はいろいろなデザインの照明が選べる楽しさもありますが、照明器具なのにこんな機能も付いているの!とビックリすることもしばしばです。

など自宅は長く家族が集う空間のため、日頃の生活をサポートしてくれる機能はうれしいものです。

またスピーカー付きの照明器具など趣味を満喫できるアイテムもあります。最新情報も入手しながら、暮らしやすい環境を整えられるのも照明選びの醍醐味です。

 

そこで過ごす人により、目的もさまざまです。過ごす人、過ごす時間を考えて、照明の明るさも考えるようにすると、さらに過ごしやすい空間を作ることができます。

 

 

 

 

リビングをおしゃれにする照明選びとは

リビング

住まいの中でも過ごす時間が長い空間だからこそ、リビング照明のセレクトにはお悩みも多いものです。

ここではリビングをワンランクおしゃれにする!照明選びと、リビングに近い空間である「ダイニング」「キッチン」のポイントをご紹介します。

 

リビング​


リビング

 

いろいろな照明がある中、おしゃれな雰囲気を感じられ統一感も保ちやすい「ダウンライト」の人気が高まっています。

ダウンライトとは、天井に埋め込まれた小さな照明のことです。以前はお店などの照明として使われていましたが、今は新築住宅でも多く取り入れられています。

ダウンライトの強みは、照明を配置する間隔を変えられることです。

等間隔に設置することで、部屋全体が明るく。間隔を広く取れば、落ち着いた雰囲気を演出できるなど、照明の存在感を感じさせない照明設備のため「部屋の空間がスッキリ」と仕上げることができます。

リビングの周りにダウンライトを配置し、おしゃれ感を感じさせてくれる照明をプラスするなど「空間にメリハリ」もつけやすいのです。

間接照明で、柔らかな雰囲気を演出する。折り上げ天井をつくって立体的な空間を演出するなど、とことんリビング照明にこだわってみましょう。

 

ダイニング​


ダイニング

 

今はLDKスタイルのご家庭も多く、リビングと隣接する空間都のバランスはとても大切です

お料理などを楽しむダイニングという空間では、よりお料理を美味しく見せる!「ダウンライトとペンダントライトの組み合わせ」がおすすめです。

ダイニングテーブルの上にデザイン性の高いペンダントライトを設置すると、インテリアのポイントにもなります。美味しく見えるお料理は、家族の笑顔を増やしてくれます。

 

キッチン​


キッチン

 

キッチンでは、リビングやダイニングとは違いさまざまな作業を行うことの多い空間です。

そのためキッチン照明を選ぶ際は、デザイン性ももちろん重要ですが「手元の明るさ」と「室内空間の統一」のふたつを意識していきましょう。

同一空間で同じ色温度(光の色)になるようなキッチンの照明を選び、それぞれの場所・用途に適した照明設備をセレクトすることで、より使いやすく、おしゃれなキッチンを演出することができます。

またキッチンスタイルによっても、おすすめの照明は変化します。アイランドキッチンでは、ダウンライト・シーリングライト・ペンダントライトなどの照明器具を。I型キッチンでは、ダウンライト、ベースライト、シーリングライトがおすすめです。

どの空間の照明設備でもそうですが、メンテナンスのし易さや手入れのしやすさを考慮することが大切です。特にキッチンでは清潔感の保ちやすい製品を選ぶことも、方法のひとつです。

 

このように空間によっても選びたい照明、適した照明は変化します。「ライフスタイル」や「部屋全体の雰囲気」を含めて、どんな空間にしたいのかイメージをふくらませて照明選びを進めましょう。

 

 

 

 

こんなはずじゃなかった!照明選びにならないためのポイント

ダイニング

おしゃれな照明、おしゃれな空間を演出できても「こんなはずでは・・・」と感じてしまっては、その良さが半減してしまいます。

ここでは後悔しない照明選びのためのポイントを見ていきましょう。

 

明るさが十分なのか しっかりとチェックしよう


照明

おしゃれな雰囲気を演出しやすいダウンライトは、配置する場所や数により「人によっては暗い」と感じることがあります。

リビングは主にくつろぐスペースのため、一般的にそこまで明るさを求められる空間ではありません。しかし人の感じる明るさは、色味などによっても変化するのです。

一般的に電球・電灯の色は、「電球色」「温白色」「昼白色」「昼光色」の4種類で表されています。

※LED照明では「色温度=○○K(ケルビン)」と表記されることが一般的です。

照明一覧

このように光の種類により、印象や使いやすさ、用途も変化します。その空間でしたいこと、求めているものに合う光と明るさを選びましょう。

 

照明と家具などの配置をチェックしよう


リビング

新築住宅でありがちなのが、必要な明かりが家具とずれてしまい効果が半減するケースです。リフォームなどの場合、ある程度の予想が立てやすいものですが、新築住宅の場合一からつくるスタイルがほとんどです。

また新築に合わせて家具を新調するという方も、きっと多いでしょう。

です。

など、生活を送る上でのアイデアを取り入れておきましょう。

 

 

 

 

まとめ:ノウハウや経験を住まいづくりに活かしましょう

おしゃれな空間にするためには、さまざまな視点から照明を選ぶ必要があります。一からつくる新築住宅の場合、うまくイメージできないとお悩みのケースも多いものです。

そのような場面では、ぜひプロの力を借りてみましょう。

施工実例や私たちが今まで培ってきたノウハウや経験を住まいづくりに活かすことは、後悔のない住まいづくりの第一歩です。

アクティエでは、お客様のどんな小さな声にも耳を傾けています。

「こんな暮らしに憧れている」「こんな形がいいなぁ」など、大まかなイメージでも大丈夫です。お客様ご家族のこだわりやライフスタイルに寄り添って、満足な住まいを実現させるお手伝いをしています。

ぜひあなたの声を、聞かせてください。憧れのマイホーム実現のために、一緒に理想の住まいづくりを目指してみませんか。

 


 

愛知県で、ご家族の暮らしにマッチするおしゃれで快適な新築を建てるなら、私たちアクティエにお気軽にご相談ください。

自由な発想と便利な機能を活かして、お客様ご家族が納得・満足のいく彩りある住まいをデザインしております。

 

 

愛知県内の大府・長久手・岡崎には、デザイナー渾身の自社モデルハウスもご用意しています。

住まいづくりの第一歩として、ぜひお気軽にご活用ください。

 

【モデルハウス情報】

監修者情報

アクティエ

アクティエ

最高級性能と自由設計で楽しい家づくりを

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号