土地コラム

おしゃれな玄関すぐの手洗い場【実例】|コンパクトで便利な手洗いのある間取りメリット・デメリットと対策
おしゃれな手洗い場のある家族もピアノ教室のお客様も楽しい+オシャレなお家

近年、玄関先におしゃれなコンパクト手洗い場をつくるご家庭が増えてきています。

玄関入ってすぐの手洗いは、帰宅後の荷物の片付けや照明のスイッチ、扉の開閉といった家の中のものに触れる機会に出くわす前に使用できる衛生的な間取りスタイルの1つです。

今回は、コロナ禍で家庭内での感染を防ぐためにも、お子様の「手洗い・うがい」習慣のためにも、おすすめな「玄関近くの手洗い場」実例や設置のメリット・デメリット、間取り・配置のコツについてご紹介いたします。

ぜひ、おしゃれで機能的な家づくりの参考にしてみてください。

 

 

コラムのポイント
  • 新築するなら玄関すぐの手洗い場を考えてみませんか?
  • おしゃれなコンパクト手洗い場の実例を見てみましょう
  • 室内に感染源や汚れを持ち込まないメリットがあります
  • デメリットとなるポイントや対策も押さえておきましょう
  • 帰宅時・来客時動線にいい間取りや配置を考えてみましょう

 

 

 

 

 

1.感染症対策だけじゃない家族・来客にも便利な玄関手洗い

シンプルでもおしゃれなカウンター手洗い~お好みのボウルでつくるミニ手洗い場が素敵

新築するなら「自分好みのテイストでおしゃれな洗面台をつくりたい」「ホテルライクで優雅なデザインの洗面ボウルを選びたい」といった憧れを抱いたことはありませんか?

しかし、リゾートホテルや海外のおしゃれなデザインを真似てみたいと思うものの、実際には水回り設備をまとめて選ぶことが多く、システムキッチンやトイレと一緒に洗面台を決めてしまうご家庭が多いのではないでしょうか。

そこで、玄関すぐの手洗い場をおしゃれに仕上げてみるのはどうでしょう。

こだわりのボウルを取り付けた造作手洗いなら、ご家族の生活感溢れる洗面台とは違い、インテリアに馴染みやすいのも魅力です。

新築時に限らず、リフォームや後付けでも人気のコンパクトで便利な手洗い場は、帰宅後のご家族だけではなく、友人や習い事に来た生徒様など、来客時にも注目される設計です。

 

 

 

 

 

2.【実例】おしゃれなコンパクト手洗い場

おしゃれなミニ手洗い場のある住まい~リビングとウッドデッキがつながる間取り

まずは、新築におすすめのおしゃれな玄関すぐ手洗いの実例をご紹介しましょう。

 

 

 

①自動水栓で汚れた手を洗うのに便利

リゾートホテルのようにおしゃれな洗面室~こだわりの手洗いボウルが魅力

リゾートライクな空間の雰囲気に合う洗面ボウルで毎日の手洗いが癒し時間になりそうなデザインの実例です。

むき出し水栓やお好みのカウンターなど、造作ならではのおしゃれ感が楽しめるのもミニ手洗い場の魅力です。

自動水栓を取り入れれば、荷物のある帰宅時やお子様の汚れた手を洗うのにも大助かりです。

 

 

 

 

 

②土間玄関なら水はねの心配も軽減できる

帰ってすぐの手洗い習慣が身につく便利な間取り~来客時は見えないレイアウトがGOOD

手洗時の水はねや掃除が気になる場合には、フローリングフロアに上がる前の玄関土間の一角に手洗いを配置すると良いでしょう。

ある程度、水が飛んでも安心の土間スペースであれば、小さなお子様の手洗いや室内に持ち込むおもちゃ、道具を洗うのにも便利です。

実例のように、手洗い場を来客に見せたくない場合には、壁やシューズクロークの棚の死角を利用して隠すレイアウトもおすすめです。

 

 

 

 

③後付けにもおすすめのカウンタースタイル

ステンレス手洗いがスタイリッシュ~ちょっとしたスペースでも配置可能な配管むき出しスタイル

ちょっとしたデッドスペースにも設置できるカウンター式手洗いなら、暮らし始めてから必要に応じて後付けでつくることも可能です。

後付けの可能性がある場合には、事前に給排水管や防水仕様の壁紙など、最低限の工事で対応できる設計にしておくことをおすすめします。

 

 

 

 

④洗面所までが遠い間取りのデメリットを解消

玄関入ってすぐの便利な手洗い場~大人モダンでリゾートライクな住まい

玄関入ってすぐの一角や室内に向かう廊下に鏡も備えたミニ洗面台があれば、帰宅後の手洗い以外にも出掛ける前の身だしなみチェック洗面所の混み合いを避けることができます。

トイレを2ヶ所設けるご家庭があるように、2ヶ所目の手洗い場も同様に便利な間取りになることでしょう。

なにより、玄関すぐに手洗いがあれば、洗面所までの遠い動線を省けるので衛生的です。

 

 

 

 

 

 

3.玄関すぐの手洗い場メリット

玄関横手洗いが便利~洗練されたナチュラルテイスト。吹き抜けと中二階で開放感あふれる家

新築で玄関手洗いをつくるメリットをまとめてみましょう。

 

 

 

①花粉症・ウイルス感染予防になる

花粉症やウイルス感染対策で、外から帰宅するご家族の「手洗い・うがい」習慣が気になる方も多いのではないでしょうか。

外からの衣類や荷物を室内に持ち込まないシューズクロークがあるように、玄関すぐの手洗い場は、ご家族を守る習慣づけとしても、大いに役立つことでしょう。

 

 

 

②泥・外からの汚れを室内に持ち込まない

玄関からすぐの場所に手洗い場があれば、ガーデニングや玄関掃除の後、お子様が習い事や部活から帰宅した後の泥や汚れ落としに便利です。

さらに土間玄関なら、ご家族の歯ブラシやコップのある洗面所では落としづらい、土汚れや掃除埃のついた手でも気兼ねなく洗えそうです。

 

 

 

③ご家族の手洗い習慣・来客時の対応にも役立つ

玄関すぐ手洗いの間取りなら、ご家族みんなの帰宅後衛生習慣が守られるのはもちろん、来客時の手洗い場提供にも役立ちます。

ご家族が日常的に使う洗面所には、歯ブラシやコップをはじめ、メイクや身だしなみ用品などプライベートなものが多く並んでいます。また、洗面所からはランドリールームや脱衣所・浴室といった生活感あふれる空間が丸見えになる場合が多く、お客様を案内するのに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、玄関すぐにおしゃれな手洗い場をつくれば、お客様専用として気兼ねなく使ってもらうことができるのです。

 

 

 

 

 

4.玄関すぐの手洗い場デメリットとその対策

大きな鏡とタイルの壁面がおしゃれな手洗い場

最後に玄関手洗いをつくるデメリットとその対策をご紹介しましょう。

 

 

 

①気になる設置費用

まず、手洗い場を追加でつくる費用が気になるところです。

【対策】

玄関エリアに給排水管を引くコストや手洗い台本体の費用が必要で、コンパクトタイプの洗面台では、10~20万円程度かかるのが目安です。

しかし、間取りやご希望のデザインに合わせて造作カウンターやお好みの手洗いボウルを購入して、自由に設計することも可能です。

お湯を出す希望がある場合には、給湯工事の予算も組んでおくと良いでしょう。

 

 

 

②玄関の広さや動線といった間取りへの影響

手洗い場をつくることで玄関が狭くなったり、動線の邪魔になったり、間取り設計に問題があっては困ります。

【対策】

特に後付けでは、手洗い場の希望サイズや配置によって、玄関の広さに影響が出たり、廊下が狭くなったりする場合があります。

しかし新築時にはこれらの懸念をふまえた上で、手洗い場も含めた玄関まわりの広さや動線を確保した間取りを考えることが可能です。

シンプルな造作カウンターやむき出し水栓など、足元の圧迫感をなくしたスタイルもおすすめです。

 

 

 

③水はねや汚れの気がかり

手洗い場周辺は、水の飛び散りや掃除が大変になるのではないでしょうか。

【対策】

特に小さな手洗いボウルを選ぶ場合には、水はねを考慮した耐水性のある壁面クロスやフローリング材を選んでおくと安心です。

また、汚れても掃除しやすいようにシンプルなスタイルに仕上げておくのもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

5.まとめ~おしゃれで便利なコンパクト手洗いのある新築づくり

玄関すぐの手洗い場は、ご家族の感染症対策はもちろん、外仕事やお子様の外遊び、ペットの散歩帰りの汚れなどが室内に持ち込まれるのを防ぐのにも役立ちます。

また、玄関先ですぐに衛生管理ができる間取りは、ご家族だけではなく来客時にも便利なスタイルでもあるのです。

ご家族にとって使い勝手のいい大きさや目的に合ったデザインを採用することで、より幅広い用途で活躍させることができます。

設置には、本体費用に加え給排水管費用や防水対策コストも必要になるので、機能性とコストを総合的に判断した上で、よりよい導入スタイルを検討してみてくださいね。

 

 


 

愛知県で、ご家族の暮らしにマッチするおしゃれで快適な新築を建てるなら、私たちアクティエにお気軽にご相談ください。

自由な発想と便利な機能を活かして、お客様ご家族が納得・満足のいく彩りある住まいをデザインしております。

 

 

【施工事例一覧】

 

愛知県内の大府・長久手・岡崎には、デザイナー渾身の自社モデルハウスもご用意しています。

住まいづくりの第一歩として、ぜひお気軽にご活用ください。

 

【モデルハウス情報】

コラム記事一覧へ