お知らせ

2021.08.06

標識。

こんにちは。
大府展示場 設計 伊藤 です。

先日歩いていると、こんな標識を見つけました。

土地探しをされている方は書いてあるのを見たことがあるかもしれません.

宅地造成等規制法に係る宅地造成工事規制区域というものがありまして、標識になっているのを見たのは初めてです。

崖崩れや土砂流出による災害を防止するためにある法律で、例えば1メートルを超えて土を盛ったり、2メートル分土をすき取ったりすると許可申請が必要になってきます。

2メートル分土をすき取るってあまり想像できないかもしれませんね。。

 

高低差のある土地の場合の処置として例をあげますと、これはよく見るコンクリートの擁壁です。

こちらもよくありますね、間知石といいます。間を知る石。。なんか深い名前ですね。。

 

宅地造成工事規制区域にかかわらず土地探しをする上で高低差はポイントになるところですね!

この土地安いな~と思ったら高低差がすごくて実際擁壁の金額を考えたら全然安くないっ!

みたいなことよくありますね。。難しい、、土地探し。。

そんな土地探しのご相談も喜んでご相談に乗ります!ぜひ展示場にお越しください。

以上、設計 伊藤 でした!

 

スタッフブログ記事一覧へ
カレンダー
2021年9月
S M T W T F S
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930